fc2ブログ

そろそろサッカーで後継者とか考えるのをやめた方が良い。


柴崎選手は、遠藤保仁選手の後継者とか言われてますね。でも、実際には遠藤保仁選手と柴崎選手のオリジナルティーにはかなりの違いがあります。


柴崎選手は、スペインで怪我する前までは、かなり良い選手でスペインでも活躍していました。悪質な踵を(踵じゃないかも)踏まれるというファールで怪我してから、ずっと調子を崩しています。得意のオーバーラップと、カウンター時のパスの起点とか、そういう長所で、活躍していました。パスもうまいです。ただ、遠藤保仁選手の後継者にして、形にはめない方が良いです。その人にはその人の個性があります。

ボランチなら、今はパスも出せて守備もできることは必須です。ただ、コピーを作る必要なんてないのです。神様からもらった才能を伸ばしながら、ポジションや役割で必要なものを、しっかりと身につけさせれば良いのです。

柴崎選手が、クラブでどうするのかはわかりません。でも、ボランチなら守備はできなくてはいけません。守備は必須です。今の時代、遠藤保仁選手のようなボランチで活躍するのは、かなりハードルが高いです。遠藤保仁選手になるのではなくて、今の時代や戦術にあった能力を身につけることが大切です。

長友選手でも、同じことが言えます。長友選手みたいな左サイドバックを探すのではなくて、偽サイドバックをできる左サイドバック探したり、インナーラップが上手かったり、クロスが上手かったり、また新たなギフテッド能力のある選手を探した方が良いです。もちろん守備できることは前提で。

才能は、形にはめたり、作るものではなくて、見つけて育てるものだと思います。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ゴールにチャレンジ

何か、日本代表見ると、確実にゴールを決めようとして、プレーが読まれている感があります。元から、サッカーは得点があまり入らないスポーツです。なので、もっとゴールにチャレンジするという意識を持ってほしいです。適切に言えば、しっかりとした判断でゴールにチャレンジするというのが正しいです。

ゴールにパスするようにするのでも良いです。ただ、しっかりと得点を奪うために戦わないと、チャレンジしないと得点は奪えないです。それは、クロスでもチームプレーでも言えます。

この前の日本代表の大迫選手の1対1が、キーパーにふさがれたシーンは、形で確率の高い責任の低いコースに打ちました。キーパー方向に軸足を向けて、ディフェンスのいない確率の高いファーサイドに蹴りました。だから、読まれたと思います。ディフェンスがいたので、チャレンジしなければ読まれるシーンでした。

これは、日本の課題です。ゴールに適切なタイミングでチャレンジすることは良いことです。ナイスチャレンジという風潮がまだ少ないです。チャレンジの質が悪かったり、もっとチャレンジすべきというところでチャレンジしない事に、厳しくいくべき。サポーターの、良いプレーした時の拍手とかや、監督、チームの雰囲気で変わる所だと思います。

遠心力のキックは一発があります。チャンスも戦術により多く作れるようになりました。だから、どんどんチャレンジしていくこと。ゴールにはチャレンジするという意識が必要です。

チームでも戦術でも、チャレンジする事は大切です。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

サッカー戦術の流れ


一昔前は、サッカー戦術はサイクルがあるという人もいました。でも、全て間違えているわけではないのですが、サイクルではありません。

サッカー戦術は、新しい発想に、対策に対策を重ねて進化していきます。だから、昔のサッカーよりも今のサッカーの方がレベルが高いのは当たり前です。

昔の戦術を使う時も、しっかりと現代風にアレンジしています。全く、昔とまったくおんなじ戦術という方が、少ないです。

ただ、トレンドになった戦術に関しては、たまにその戦術を使ったりもします。

4-3ブロックも、昔からありますが、少し前にリヴァプールがこの4-3ブロックを進化させました。今は、この進化した4-3ブロックが、さらに進化して5-3ブロックになっていると思います。(多分。)

5バックでも、今と昔ではやり方も違うし、定義も違います。5-3ブロックだから、守備的とは言い切れないです。昔なら、5バックは守備的で、やってはいけない戦術の一つと言われてました。今では、5バックはかなり使われています。(5人交代になったというのも大きい。)戦術は、基本的に対策に対策を重ねて、そこに新しい発想が生まれ進化していきます。
プロフィール

dondonyarou0top

Author:dondonyarou0top
サッカー用語というカテゴリーが、初心者から上級者まで、楽しめると思います。あと、自己肯定力の付け方とか、メンタルに関することも載ってます。フィランジマグというブログも、アメーバでやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR