fc2ブログ

サッカーが、アジアのマーケットを開拓する利点。

Jリーグが、世界を目指すにも、先ずは東アジアや東南アジアあたりのマーケットを開拓してからじゃないと、失敗します。

今、Jリーグがヨーロッパサッカーと競争しても、ソフト面、ハード面、殆どの所で、負けてしまいます。(育成面で芝生化が完璧にはできてなくて、陸上トラックのある競技場もかなり多いので)
じゃあどうやって、世界を目指すのかと言ったら、先ず時差があり夜中にヨーロッパサッカーを中々見れないけれど、サッカーを楽しみたい人をターゲットにする事が大切です。そうすると、何処がターゲットになるかというと、時差が少ない東アジアや東南アジアのマーケットを開拓していくのが現実的です。

それで、東アジアや東南アジアのマーケットを開拓していき、それと一緒にスポンサーの企業の認知度を上げて行ったり、日本の音楽や文化に触れる機会を作ったり、並行して色んなことができます。今、アップルミュージックとかで、世界の音楽が聴けるので、サッカーが強かったりすると、魅力的な国の音楽や文化を知りたいと思い、アップルミュージックでダウンロードする人も増えて来るかもしれません。日本企業も、進出しやすくなります。

その代わり、八百長や犯罪など、色んなことと戦わなければ、ソフトの魅力がなくなるので、戦わなければいけません。八百長が横行しては、サッカーの魅力がなくなります。

でも、東側のアジアで、今、サッカーのアジアのマーケットを開拓できるのは、オーストラリア、タイ、Jリーグぐらいしかなく、Jリーグが1番可能性があると思います。だから、Jリーグには、目先の利益ではなくて、もっと先にある大きな役割も忘れないでほしいです。

ヨーロッパと時差があるから、情報が入りづらいし、日本代表に負担が掛かるのですが、逆に時差があるから、時差のある国のサッカーのマーケットを開拓できる可能性があります。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

サッカー戦術の流れ

サッカー戦術には、流れがあり、新しい戦術ができて、その対抗策が出るという繰り返しで、戦術が発展していきます。昔の戦術を現代に使えるようにする監督もいますが、実際は対抗策で新たな戦術が出るというのが正しいです。

例えば、ジダン監督のレアルの局所的数的有利に対抗して、リヴァプールの守備戦術が出て、その対抗策にバイエルンのマークの外し方が出て、その対抗策として新しいカバーリングシステムが出ています。

あと、マンツーマンのハイプレスの対抗策として、3バックのプレスの回避が出て、その対抗策にフォアチェックのプレスが出て、その対抗策にゴールキーパーを使うハイプレスの回避が出てきたり、流れがあります。

この対抗策の流れを知っとくだけで、かなりサッカーがわかります。ただ、日本の情報だと、流れを掴むのは簡単ではないです。


もちろん、ジダン監督の数的局所的有利など、良くバルセロナがやっていたサイドで行われた局所的数的有利を、死角を使ってやってやろうという、新しい発想もあります。死角を使わないと、プロなので簡単に対処されます。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

浦和レッズの鈴木彩艶選手が物凄いです。

浦和レッズの鈴木彩艶選手が物凄いです。身長も189cmあって、動きも良くて、この身体能力は、日本にかなり必要だと思いました。黒人のハーフですが、物凄い逸材です。U20に飛び級で、選ばれるほどで、この才能は物凄いです。浦和レッズでは、西川選手がいるものの、J2でやれるレベルにはもう既になっている気がします。(もちろん、やってみないとわからないですし、キーパーコーチや監督に恵まれることも大切です。)

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

やっぱり、サッカーは降格が無いとダメですね。

最近、Jリーグ見てもつまらなくて、そんなに見なくなりました。柏みたく、面白いサッカーしてた所でも、悪質なファールで、怪我人が続出し、胸糞悪くなりそんなにサッカーを見なくなりました。やっぱり、サッカーは好きなので、多少は見るのですが、あまり真剣に見ません。緊迫感が無い試合も多くて、無理して2時間見なくても良いかなと言う感じです。

こうなったのも、降格のシステムがないからですね。自分も、少し前までは、コロナウィルスの影響で、今年は降格があったら可哀想と思ってました。しかしこの現状を見て、やっぱりこう言う時でも降格はないとダメだなと思ってます。もちろん、サガン鳥栖みたく、コロナウィルスで中断したチームもあるので、少し可哀想な気がしますが、ないとダメだなと思いました。

今、Jリーグは、ゴールシーンだけ良いというジレンマにおちいって、リアルタイムで見ても面白くないです。サッカー戦術を知っている自分は、なんでこの時間帯で、全員アタッキングサードまで行っているチームがあるのかとか、セットプレーからのカウンターで何で全員同じスピードで走っているのかとか、ディフェンスラインを何でここまで高くしてラインをコントロールできてないのかとか考えてしまいます。

本当に今の現状が続くなら、シーズン終わりに降格させても良い気がします。(もちろん、文句が出るので、あまり現実的ではないけど)

本当に、今、Jリーグが対策をうたないと、サッカーの魅力がなくなると思います。Jリーグは、時差がないので人気があるのですが、八百長の試合でサッカーがつまらなくなり、観客が減っているリーグは、アジアだけでなく、沢山あります。一時的には、八百長すれば金になりますが、長期的には観客が減りマイナスです。Jリーグも対策を取って欲しいです。

Jリーグは、ヨーロッパと時差があるだけ、アジアのマーケットを開拓できる可能性があります。その大きな役割を、目先の利益で置き去りにしないで欲しいです。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

取捨選択と代理人。

久保建英選手が、ビジャレアルに移籍しました。まだリーグ始めと言っても、ベンチスタートが多く、移籍が成功したと、とても言えません。何が、不味かったかというと、自分の考えでは、優秀な代理人を使わなかった事と、まだまだ嘘情報の多い日本サッカー界で、取捨選択が出来なかったことが大きいかなと思います。

日本サッカー界では代理人の、価値が高いと言えませんが、ヨーロッパサッカーでは代理人は、かなり大切です。優秀な人ではないと、優秀な代理人を雇うのは難しい所もあります。クリスティアーノ・ロナウド選手も、移籍を成功させてきた理由に、優秀な代理人の存在があります。日本でも、ダゾーンで金回りが良くなって来たのだから、代理人のステータスを上げる事は、優秀な選手を潰さないためにも今、必要な事だと思います。

今回、久保建英選手の移籍はかなり難しかったはずです。必要以上に持ち上げられ、どこまでの実力か本人でさえ判断しきれなかったと思います。それに、コロナウィルスの影響で、ヨーロッパのチームも財政情況が悪くなり、日本で絶大な人気のある久保建英選手を、マーケティング目的で取ろうとした所は多いはずです。

その中で、自分を欲しがっているチームで、監督が良くて、スタメンを取れる可能性のあるチームで、コミュニケーションの測りやすいチームへの移籍するには、優秀な代理人の力を使わないと無理ぐらいでした。優秀な代理人が、情報を仕入れたり、クラブとコミュニケーションを取って、一番良さそうなチームに行くことが必要でした。ここら辺は、力付くでは逆に利用されやすく、こじれやすく、根回しが必要でした。優秀な代理人じゃないと無理なぐらいでした。

サッカージャーナリストが、ネタのため、オススメのチームはここと言うのは、面白いし問題ないのですが、移籍は本人の人生が掛かっているので、優秀なプロフェッショナルに頼むことが大切だったと思います。もちろん、これでも完璧ではないし移籍を失敗する事はあります。


そして、今、久保建英くんを見てると、変な癖が付いているなと思います。ドリブルも少し変な癖ついたし、どうしたのかなと思います。日本サッカー界では欲張る人が多くて、嘘情報が、かなり多いのは今でも変わらないので、すぐに情報を鵜呑みにするのではなくて取捨選択が必要だと思います。スペイン語を話せるのだから、しっかり、自分のクラブの人の意見も聞いて、自分で確かめて、取捨選択しなくてはいけないと思います。

これは、何でも押しつけられたりされやすかったり、何でも鵜呑みにする日本人の課題でもありますね。何気に、久保建英くんが、今、苦戦しているのは、日本人にも当てはまる課題であったりします。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

プロフィール

dondonyarou0top

Author:dondonyarou0top
サッカー用語というカテゴリーが、初心者から上級者まで、楽しめると思います。あと、自己肯定力の付け方とか、メンタルに関することも載ってます。フィランジマグというブログも、アメーバでやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR