fc2ブログ

縦パスの利点。

何気に、プレミアリーグの上位チームでは、角度のあまりない縦パスが、少し前か、昔から使われてます。斜めのパスの方が、体の向きを調整しやすいのですが、斜めのパスにも欠点があります。
それは、ゴール方向だとケアされてパスコースが無いということがあります。
基本、ディフェンダーは、ゴール方向に背を向けて守ります。中やハーフスペースからサイドへの斜めのパスなら、通りやすいです。しかし、チャンスになりやすい、サイドやハーフスペースから真ん中へのパスコースは基本消されますよね。

なので、マンチェスターシティとかプレミアリーグの強いチームでは、角度のあまりない縦パスを上手く使います。角度のない縦パスだと、揺さぶって縦パスを入れる選手がフリーだと、チャンスに直結するグラウンダーの縦パスを入れられます。つまり、ブロックの間を通しやすいのです。

ハーフスペースやサイドから角度のあまりない縦パスを入れて、ボールを受ける選手のターンで、良い体の向きを作ります。もちらん、角度のあまりない縦パスも、フェイントを入れながら、ターンしやすい場所と、早いスピードではないと、効果的ではありません。また、ターンをできなくてもフリック(ポストプレーで横や前にワンタッチでボールをそらすこと。)や、ポストプレーなどで、パス交換などをしたり、ポストプレーやフリックをする人とワンツーを使う方法もあります。

また、それに加えて角度のない縦パスをライン間で受ける選手の後ろに一人が入って、局所的数的有利を作って、縦パスを受ける選手に対応する選手の判断を遅らす方法があります。

まだ、動画でしかチャンピオンズリーグ決勝のレアルマドリード対リヴァプールの試合を見てませんが、この試合でレアル・マドリードはこの角度のない縦パスの対処方を使ったのではないかと思います。
レアルは、とにかく斜めのパスよりも角度のない縦パスを封じる守備をやっていました。フリーな選手やスペースがあっても、1失点に抑えられたのは、角度のない縦パスと、斜めのパスでも、ライン間に入る深い斜めのパスを許さなかったことが大きいと思います。そのため、ひとりが必ず角度のあまりない縦パスコースを消してプレッシャーにいってました。そうすることにより、ライン間や深い位置への斜めのパスコースも消してました。
斜めのパスでも相手陣地内に近かったら、チャンスになりづらいですし、しっかりとカバーする方法を徹底してました。

そのため、リヴァプールはゴールに直結するパスを封じられてた可能性があります。

斜めのパスの欠点は、守備されるとパスコースが狭まることなのかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

栃木SCの試合を見に行ってきました。

栃木SC対大宮アルディージャの試合を見に行ってきました。そんなに良いサッカーしてるとは思いませんが、試合は面白かったです。
栃木SCは古い高校サッカーのロングボール戦術を使っていて良いサッカーをしてるわけではなかったですし。大宮アルディージャは、とにかく最後のシュートが甘いし、シュートをしないという感じでした。でも、なんだかんだ言って盛り上がるシーンはありました。
配られたチラシの試合分析では、栃木SCはセットプレーの得点が多いらしくて、実際にも栃木SCの選手の岡崎達哉選手のキックは良かったです。でも、良いところにボールが行くのだが、誰もそこにいないという、おかしな感じでした。

やっぱり、運ぶドリブルのカウンターは盛り上がるし面白いですね。ハーフマンツーの守備とかカウンターの守備が発展して、あまり運ぶドリブルのカウンターはできなくなっているのですが、それでも、隙をついて運ぶドリブルのカウンターができるとけっこう盛り上がります。

大宮アルディージャのマテウス選手がかなり良かったです。スピードはあるし、テクニックもあるし、ドリブルもできるので、今日のパフォーマンスはかなり良かったです。

栃木SCは、新しいことを受け入れても良いのではないかと思います。ひと昔の、ロングボールキック戦術は、密集してそこに背の高い選手をターゲットに、こぼれ球を拾うという戦術です。栃木SCもそういうサッカーでした。しかし、密集してるが、選手の距離が適切でなく、こぼれ球を拾っても、前にクリアーするしかなかったり、選手の距離が近すぎて、すぐにプレスを受けてしまうようなロングボール戦術でした。まったく、有効ではなかったです。
今のロングボール戦術は、ポジショニングを適切にして、こぼれ球を拾って展開するという戦術もあります。マンチェスターシティー対リバプールで分析した内容です。神戸もこの前やってました。ツートップが、両方、運動量が少ないのも、けっこう痛いですし。体の向きも、悪かったです。ロンドという練習の工夫とかで、体の向きを練習することはできるのですが、練習に工夫が必要かと思います。ロンドでも、守備が一人だと、組織で守る練習にならないので、せめて守備を二人以上の方が良いと思います。

でも、貴重な体験になりました。やっぱり、栃木SCのグルメのとままるバーガーは美味しかったですし、大宮アルディージャのサポーターとかもたくさんきていて、グリーンスタジアムに8000人ぐらい集まりましたし、風も心地よかったし、貴重な体験でした。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ワールドカップを盛り上げたいのなら。

ワールドカップを盛り上げたいのなら、中島選手は絶対に呼ぶべきでしたね。サッカーを知っているほとんどの人が、中島選手をなぜ選ばなかったのか疑問に思う選手だと思います。
サッカー協会は選手をブランドで考えていて、考え方が古いですよね。
jリーグが、人気が出てきたのは、何故ですかね。日本代表がいなかったり、少ないjリーグチームでも、観客が入るようになりましたよね。テレビの露出は減ったのに、観客が伸びましたよね。

サッカーを観て、一番大切なことは、試合が面白いことと感動があることだと思います。どんなに、有名な選手がいて一時的に人を呼べたとしても、サッカーがつまらなかったり、感動がなければ、一時的なブームで終わってしまいます。
jリーグに観客が増えたのも、ダ・ゾーン効果が大きいですが、サッカーの試合が面白くなったことも大きいと思います。

サッカー日本代表は海外で活躍している選手が、半数をしめます。それに、サッカー日本代表は強豪チームと戦わず、代表人気も落ちました。なのに、jリーグで観客動員数が増えたのは、日本代表の効果ではないのは明白です。
つまり、ひとりの選手の人気イコールクラブの人気というわけではないのです。逆に有名な選手を使うよりも、旬な選手を使った方が、試合に勝てた上にサッカーが面白くなることが多いです。(ポドルスキーやイエニスタは実力もあるので違う。)

もし、ワールドカップで日本代表を盛り上げようと思ったら、得点を重ねている旬の選手を使うことが大切になります。それは、ある一定のレベルの国のリーグで得点を取っているなら当てはまります。

なのに、ポルトガルリーグで得点を重ねた中島選手を何故選ばなかったのでしょうか。昔のワールドカップでの得点シーンを流しても、いつの時代だよでそこまで盛り上がりません。それよりも、中島選手みたく得点をしている選手を選んで、今シーズンこんなスーパーゴールしましたという映像を流した方が、みんな期待も持てますし、ワールドカップも盛り上がります。アシストでも良いですが、アシストは少し説得力が落ちます。
それに、その方が勝てる可能性も高いです。

あのブラジルでも、ワールドカップで中国のリーグやウクライナのリーグでやっている選手を選んでます。

なのに、そのリーグよりもレベルの高いポルトガルで活躍している中島選手を何故呼ばないのでしょうか?

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

サイドでのボールの受け方。

Jリーグのチームで、よく見られるのが、サイドへの裏へのスルーパスの時、ワントップの選手がサイドでボールを受ける時に、サイドラインの方を見てるので、次のプレーの選択肢が少ないことがある。

そういう時に、どうするかというと、ヨーロッパの選手は体の向きに工夫がある。ボールに触る前に、ボールに対して、ほんの少し外から回り込んでいる。真ん中からサイドに流れているのに、プレッシャーが少ない時には、若干、真ん中の方にゴールの方に体の向きが変わっている。プレッシャーが強いと厳しいのかもしれないが、何気にこういう体の向きは大切になる。そうすることによってプレーの選択肢が増える。
ちょうど、2018年セビージャ対レアル・マドリードの2点目の裏抜けシーンがわかりやすい。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

プロフィール

dondonyarou0top

Author:dondonyarou0top
サッカー用語というカテゴリーが、初心者から上級者まで、楽しめると思います。あと、自己肯定力の付け方とか、メンタルに関することも載ってます。フィランジマグというブログも、アメーバでやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR