fc2ブログ

遠心力のキックは、全て遠心力で蹴ってはいけません。

遠心力のキックだからと言って、全て遠心力を加えようとすると逆に力がボールに伝わりません。自分が、キックのことを説明するのに、遠心力という言葉を使っただけです。
遠心力のキックは、状況により、少しだけ遠心力を加えた方が良い時もあります。ヨーロッパのビッククラブの選手を研究してみればわかると思います。遠心力を、まっすぐの力に変えることもできるので、バケツを回すして水が落ちない動きを、そのまま蹴り方にしてはいけません。そうすると、足の筋肉の力がボールに伝わらないので、逆にボールが遅くなります。
決して、全て遠心力で蹴るといえことではありません。
自分もサッカーのテクニックがあるわけではないので、完璧ではないです。
足を直線上に蹴るという事ではないということかもしれません。キックする時に、振りかざす時に、今までなら、足を直線上に考えたところですが、違う筋肉も使う為に、振りかざす足の甲を外側に向けます。(振りかざす時に)そうすると、足が外側に向かってから、ボールを蹴る前に太ももの内側の筋肉(内転筋といって、足の中でも大きい筋肉。)と腰の筋肉を両方使うので、ボールに威力がでます。その時に、遠心力も加わります。なので、全て遠心力で蹴ろうとするよりも、一部分に遠心力を加えた方が基本的に良いです。そして、その遠心力の力をボールに伝わるように逃さないように遠心力をまっすぐの力に変えたりしながら蹴ることが大切です。
ネットで、直線上に考えている、遠心力のキックがありますが、まったく別物です。
直線上に考えないので、応用性があり、マイナスのクロスなどに、腰にひねりを加えて、足を外側に回すような蹴り方もあります。2018年シリーズのガンバ大阪対名古屋の第1節目のジョー選手のアシストがそうです。
ボレーなどは、若干、真っ直ぐ気味になりますが、振り足は違うかもしれません。
もちろん、キックの種類によっては、振りかざす足を外に向けすぎても、力がボールに伝わりません。

ここで言っている直線的ではないということは、直線的に蹴らないという事ではありません。キックの種類によって、直線的でも、良いのですが、最初の振り足は直線的ではないということです。
そして、キックの種類では、回転をかけたりするため遠心力でキックをした後に右足なら左足の軸足の方まで流れる場合があります。ただ、そこまで持って行かなくて、逆方向へとからキックで、右足なら右足の方向へ腰をひねってインサイドで流すキックもあります。
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ポストプレーのワンツー。

そして、守備のセオリーを利用しているのが、ポストプレーのワンツーです。前、バイエルンを分析した時に、載せました。あの時は、スローイングからですが、今は高い位置でも工夫してやっているチームもあります。
ポストプレーをする時に前を向けさせないようにするのが守備のセオリーなので、ポストプレーをする時に、ゴールと背を向けていると、前に出てボールを奪いに行ったり、前を向けさせないようにプレッシャーをディフェンダーはします。すると、1人が前に行くので、空いたスペースにギャップができます。そして、ディフェンダーがすぐに前に出て後ろに戻れないので、ポストプレーをした選手がすぐに空いたスペースに走ってシュートしたり、裏抜けをするシーンがけっこうあります。もちろん、タイミングと動き出しがポイントで、ポストプレーする時に足をかられたら裏抜けできません。センターバックなどが、前に出るタイミングで足をかられないようなタイミングをする必要があります。その為には、裏抜けするとみせかけて、ポストプレーをしたり、裏抜けを注意させてポストプレーをしたりなど、タイミングや動き出しで工夫が必要です。
ポストプレーをしたら、裏狙ったり、走り出す。それが、セオリーになりつつあります。
もちろん、状況によっては走り出さないでゆっくり動く場合もあります。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ディフェンスのセオリーを利用したドリブル。

最近、アウトサイドで、ディフェンスをかわすドリブルを海外サッカーでやってます。
サイドで、スルーパスを受けた時にディフェンスはトラップする足を狙って前を向けさせない守備をする時があります。守備する時に、トラップする時を狙うのはセオリーです。そして、前を向けさせないようにします。
そして、スルーパスをトラップするとみせかけてスピードをほんの少しだけ落として、足を出させて、そこを少しタイミング的に早く触れるアウトサイドでかわし前を向きます。
ポイントが、アウトサイドで少しタイミングをずらしてかわすことです。

何気ないプレーですが、守備のセオリーを逆に利用してます。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ノルディック複合の渡部暁斗選手に感動しました。

渡部暁斗選手は、オリンピック前に肋骨を骨折してたみたいですね。肋骨を骨折したことはないのでわかりませんが、動くだけでも痛くて、痛み止めを飲んでも、相当、大変だったでしょう。
本人としても、金メダルを取りにいくと言ったオリンピックだと言ってました。身体だけでなくて、精神的にもプレッシャーがあったと思います。
ジャンプで着地するのにも、身体に負担がかかるし、クロスカントリーで滑るのも、身体に負担がかかっていたと思います。
怪我のことを言い訳にしないで、それでも自分の目標に向かって努力する姿勢は感動しました。
確かに、結果は大切です。でも、オリンピックってそれだけじゃないんだなと感じさせられました。もちろん、オリンピック銀メダルは、十分すぎるほどの結果です。
渡部暁斗選手は、ミスターナンバー2と呼ばれ、今回でミスターナンバー2を払拭したかったと思います。きっと、それはできなくても、本当に感動のあるジャンプと滑りでした。

怪我のこともコーチが渡部暁斗選手のことを思って喋ったのが伝わり、コーチとの信頼関係も感動させられました。本当に、凄いと思います。
ドラマや漫画では、金メダル取れる内容かもしれません。でも、現実はそんなに甘くなく、現実の厳しさの中からの銀メダルは本当に素晴らしく、本当に感動しました。
本人にとっては、悔しい銀メダルかもしれませんが、本当に銀メダル凄かったですし、おめでとうございます。

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

遠心力のキックを利用したスルーパス。

今は、遠心力のキックで、今まで難しかったプレーもできるようになり、色んなチームが工夫しています。
遠心力のキックは、スピードがあり、回転がかかるので、今までのキックよりも、ディフェンダーやキーパーが対応しづらいです。しかし、逆に回転がかかり過ぎてしまうという欠点もあります。

その回転がかかるというメリットを生かしたスルーパスもでてます。簡単に言えば、スルーパスとグランダーのクロスを混ぜた裏へのスルーパスです。
ハーフスペースやサイドから、逆側のディフェンダーの大外のハーフスペースで裏に走っているフィニシャーに合わせるグランダーのスルーパスです。
遠心力のキックがなかった今までなら、キーパーにクリアされたり、距離を縮められたり、ディフェンダーに戻られたりして、対応されてました。
バルセロナやレアル、もしかしたら、マンチェスターシティーも形は違いますがやっているかもしれません。

でも、遠心力のキックで回転がかかり、曲がるのを利用して裏に走り込むと、キーパーがなかなか前に出れなくて、大外の選手がシュートを打てるようになります。もちろん、裏に走り込む選手がサイドだと、なかなかシュートを打てないので、なるべく裏に走る選手は逆側のハーフスペースが良いです。

ちなみに遠心力のキックは、若干、振り足の向きを外に向けて、大きな内転筋の力と遠心力を組み込んでできるようになります。若干、インサイドで蹴ると、ミートせず外れてしまうことがあるので、完璧で無くてインステップ気味です。
それでも、パスとかサイドのクロス、巻くシュート、ニアへのシュートには、インサイドも使えないわけではないです。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

トラップは、足を曲げ過ぎたらダメです。

フジゼロックスの川崎フロンターレ対セレッソ大阪を見て、川崎フロンターレの選手が、グラウンダーのパスをボールが触る足を曲げてトラップしていました。そのため、トラップが決まらず、狙ったところよりもボールが離れてしまうことがかなり多かったです。
なんで、足を曲げ過ぎてはいけないかというと、トラップは足の力を抜くことが大切だからです。人体の構造により、トラップする足を曲げると、筋肉が収縮します。太ももと、ふくらはぎの筋肉は繋がっているものもあるので、どうしても足に力が入ってしまいます。膝と足首で繋がっている筋肉もあります。(1b抑制というストレッチの理論がわかれば、わかりやすいかもしれません。)
足の力を抜くためにも、足を曲げ過ぎないようにすることで、ボールの勢いを弱めることができます。
トラップのコツは、力を抜くことと、メッシが言ってたので、力を抜くことはかなり大切です。
もちろん、全く足を曲げないのも、状況でまずい場合があります。一番大切なことが力を抜くということで、足を曲げすぎたら、力を抜きづらいということです。

でも、川崎フロンターレは、パスの回転(次のプレーがしづらい回転。)、キックの仕方、守備の時などの体の向きは悪いし、フィジカル的にも体ができてないし、前シーズンの時と少し雰囲気が違いました。
セレッソのカウンターの守備がかなり効いていて、カウンターが上手くできなかったこともありますが、連覇は簡単ではなさそうです。

スタジアムで見ただけで、何回か確認してないので、間違っている可能性はありますが、少し川崎フロンターレのできは心配です。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

自己肯定力の付け方。(まとめ)5/5(3、環境。4、規則正しい生活。)

2021年6月25日。4、⑦。頬ひげ
2021年。4、⑦。髭のこと付け足し。
2021年1月20日。3、⑥付け足し。
4、⑦、12 修正。2020年12月28日。※付け足し。
4、②付け足し。2019/5/29。イメージマインドコントロールの解き方修正。
4、②修正。2019/3/8。瞑想を修正。
4、②修正。2019/1/7
12修正。2018/11/18
⑦、10修正。2018/3/9

3、環境
①適度な刺激。強過ぎても、刺激がなさ過ぎてもいけない。感動する事が大切。これからは、ここがビジネスのポイントになるかもしれない。調味料とかが、発達し過ぎて、味だけで店に人を呼ぶ事が、前に比べやりづらくなった。その代わり、インスタグラムなど、見た目や写真で人を集められるようになってきている。
②環境を変えすぎない。(引っ越しはあまりしない方が良い。)でも、環境を変えることで負の連鎖が少なくなる場合がある。部屋はある程度、開放感をもたせる。天井を高くした方が子供は精神的に安定する。リラックスする場所は薄い色の壁の方が良い。部屋をかたずけるその方が、磁力が少なくなるし、開放感が出る。(俺は、これはできていない。)
③自分の帰る場所は一つ。(浮気はしない。秘密基地遊びはしない。半同棲はしない。)
④依存するものをやめる。えぐいものをあまり見ない。(自分はホラーも見ない。)自分の治したいような所や、依存するものに対してはバランスをとろうとしない方が良い。
⑤安定した収入を得る。
⑥今のヒーリング音楽の中に、かなり良いものがあるので、そういうのを聞く。アップルミュージックにもあります。


4、規則正しい生活
何気に自己肯定力は、生活を改善するだけで良くなります。まずは、変えやすいここから変えて行くのも手段の一つです。
規則正しい生活をする。
①栄養を考える。栄養バランスを考える。野菜は少量でも種類を多くして、果物も食べる。果物にはポリフェノールがあって抗酸化作用もあるし、認知力かかわり、造血にかかわる葉酸があるし、ミネラルが豊富なので、電解質や解毒作用がある。子供にも食べさせた方が良い。また、葉酸という認知症予防になる造血作用のあるビタミンも採ることが大切。また、カルシウムと一緒に酢や骨の吸着のビタミンK、骨の保全に作用するビタミンDも採った方が良い。そうすると、カルシウムの骨の吸着作用が高くなる。ビタミンKは納豆、枝豆、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜など、ビタミンDは日光浴やきくらげ、鮭、さんま、マグロなどで採れる。今は安くても美味しい果物がある。)もちろんタンパク質も大事になる。肉を食べている人に長寿な人が多く。肉などのタンパク質は、脳細胞と関係があって、うつ病やうつ傾向の人にとって良い。
②適度に休む。人間の性質上、休みは必要。逆に、休むことで、仕事にも私生活でも、良い影響がある場合がある。たまに、ぼーっとしたり、瞑想したり、リラックスする時間をとる。研究で、適度な休みは仕事の効率をはかどらせるという結果もある。
瞑想にも、種類があって、
・目をつぶって呼吸を感じる方法。
・目をつぶって自然をイメージする方法。(フットボールのつぶやきに載せたイメージマインドコントロールの解き方)深呼吸も合わせる。この時に、生きるという言葉を小さくでも良いから、その時の状況で映像なので刷り込む。人間の基本が生存本能で、一番、暗示にかけても精神的に壊れづらい。それに、生きることは不変なので、柔軟性も出る。ただ、その時によって、生きるということはどういうことか変わってくる事もあるので、しっかり自分にとって生きることは、どういうことなのか定義を持っておく。これをしとかないと、生存本能が悪い方向に行く場合もある。人への攻撃性と自分への攻撃性は紙一重です。状況によっては、生存本能を高めることで、人への攻撃性と自分への攻撃性をある程度弱める事もできる。
・目をつぶって、自分の今の周りの状況をイメージする方法。(家具など、目で見えるもの)などがある。
それぞれの利点がある。ただ、自分もまだどういう時に使ったら良いか、わかりきれていない。ただ、周りの状況をイメージすると、その心拍数が減り、その場の状況に溶け込みやすくなる。
また、疲れてる時に無理せずぼーっとするだけで疲れが取れる場合がある。ぼーっとすると、脳の活動が高くなる。(というよりも脳の血流が良くなってるだけかも。)なので、早口の人とか、いつも早く行動しがちな人は、ぼーっとすることをすると良いかもしれない。
脳にも疲労があって、休んでいてもスマホやゲーム、テレビ、インターネット、音楽などを制限したり辞める時間を作って、脳を休ませる時間も必要。瞑想なども、その効果っぽい。
寝る30分前ぐらいに、ぼーっとすると、睡眠の質が良くなる。寝る前じゃなくても効果がある時がある。
③運動する。特に、ふくらはぎを鍛える。
④血流を良くすることをする。(風呂とか果物の皮とかゆずを衛生的によく使った方が良い。家族などで使う時には、少量の果物の皮を排水口のネットなどに入れて、ひとりづつもたせた方が良いかもしれない。果物の皮よりも、今は入浴剤の方が良さそう。入浴剤が無い場合や、毎日ではなくたまに油を落としたい時に、果物の皮が使える。) 濡れたタオルを電子レンジで温めて、目や肩に当て血流を良くする。
⑤自然と触れ合う。木や自然には、人間のリラックス効果がある。公園の設置が、人間の心理状態に、かなり影響するらしい。なので、法律で公園の設置が規定されている。空気中の電気や細菌と関係しているのかもしれない。
⑥電気を逃すことをする。入浴、髪の毛から電気が逃げるように(ワックスをつけないように、それか信頼できるブランドのワックスを多少つける、シャンプーやリンスも、でも石鹸の方が安心はできるが髪が傷む)散歩をする。靴の種類を考える。古すぎるのは使わない。ランニング用が一番良い。電気を逃がすアースの原理なども使える。何気に、爪で電気を通す物に触ると、それだけで体の磁力が少なくなる。
人は、磁力を使いながら、生きている。爪や、耳、鼻、髪の毛、無駄毛などは多分磁力を上手く使って、感覚を敏感にしたり、血液を循環させたりする。でも、磁力が強すぎたり電気が強いと人体に支障が出てくる。なので、スポーツの大会などの試合などや電気や磁力が強い所では、耳に髪の毛を当てないようにしたりする。また人体でも部屋などの環境などでも磁力が強くなる場所を、磁力を強くし過ぎないようにすることが大切。耳のマッサージや鼻のマッサージでも、一時的に磁力を弱くすることが出来る。もちろん、デリケートな所なので、強くマッサージしてはいけない。

2021年1月6日。状況が変わりつつあるので、多少、髪の毛が耳にかかっても手口をやられていない人は平気かもしれません。どのくらいの磁力かによります。
2021年1月6日。あと、髪の毛は急激に切り過ぎても、いけないかもしれません。短くする時も、段階的にすることが大切です。

⑦眉毛も手入れする。切りすぎたり、剃りすぎてもいけない。瞬きは適度に、まばたきをあまりしないと、逆に緊張したり暗示にかかる。まつ毛は切る。まばたきが自然にできるようになり、目の周りの筋肉の力が抜ける。安全なハサミを使う。けっこう、キレはしないが挟むことが多いので、切れ味の鋭いハサミではなくて、鼻毛きりバサミなどの切れ味の悪いハサミを使う。鼻毛バサミよりも、フィリップスの電動の鼻毛や眉毛を切るもので、目をつぶった状態でまつげを切るというより剃った方が良い。それでも、まつ毛は残るので。

※寒い時など、マイナスに傾きがちなら、ムダ毛も必要です。環境によって違う。ただ、自己判断はかなり難しい所です。

髭は、口髭だけとかちょび髭だけとかをさけて、伸ばしすぎなければ平気かもしれません。自分は髭を伸ばせないのでわかりません。ただ、量子の関係上、そうなのだと思います。あご髭や頬ひげを生やせばバランスが取れるかもしれません。ただ、伸ばしすぎはやめた方が良いと思います。

⑧朝に日光を浴びる。
⑨部屋の換気をする。新鮮な空気や部屋に酸素が足りないと、精神的に悪い影響がある。
⑩鼻がけいれんする時には、鼻うがいが良い。あと、市販の鼻炎スプレーや喉スプレーなど。ただ、フォーラーネグレリアという人食いアメーバーと言われるものがあるらしくて、普通の水を鼻うがい用の器に入れて鼻うがいをすることはやめた方が良い。日本の水なら、手洗いして、水道水を手ですくったり、鼻うがい専用の液体を使うことが良いかも。器に入れてやり、しっかり洗わないと、器で細菌が繁殖してしまうらしい。発症例は少ないが、その為、鼻うがいは、水道水を使わない方が良いらしい。
水道水を使うにしても、沸騰させて冷ましてぬるま湯になった状態で、0.9パーセントの塩を入れると良いらしい。また、その水を使いまわしては絶対にいけない。
11長生きする為には、腹八分目が良いらしい。(スポーツ選手はわからない。)
12ムダ毛の処理も大切。女性だけではなく、男性もムダ毛を処理するだけで、磁力が弱くなる時がある。
※寒い時など、マイナスに傾きがちなら、ムダ毛も必要です。環境によって違う。ただ、自己判断はかなり難しい所です。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

自己肯定力の付け方。(まとめ)4/5(2、他人に対して2/2)

2021年6月7日。25付け足し。
2021年4月2日。24付け足し。
2019/3/21。22、23付け足し。
2019年3/17。21付け足し。
2018/11/6。20付け足し。
19付け足し。
2、他人に対しての続き。
④自分が悪かったら、すぐに謝る。許してもらうように、嘘をついたりしたり、演技してバランスをとらない。かといって、まじめすぎて本音過ぎてもいけない。悪かったところを要点を得て謝る。そして、同じことをしないように行動でしめす。謝る時に、その時の感情も説明する。全体を謝るよりも、部分的に自分が悪かった所を謝る方が良い。
⑤ウソをあまりつかない。(ウソはポイントだけにする。)ウソをつかなくてはいけない時も、しっかりとした目的が必要。嘘をつきすぎると、現実とうその境と違いが分かりづらくなり、間違った方向に進むことがある。嘘を本当の事と、思い込んでしまうことがある。
⑥悪口を言いすぎない。悪口はセンス。悪口は、話のネタになるし、全く悪口を言わない人は、つまらないとされる場合もある。でも、悪口を言い過ぎると、その時は面白いかもしれないが、自分に返ってくる。悪口を言い過ぎて嫌われる人もいる。イジメにならないように、悪口を言い過ぎないようにして、言い過ぎたら、謝ったり、フォローすることが大切。
⑦演技もポイントだけ。(演技するにも演技のデメリットを知っとく。強い演技はしない。しても、なるべく力を抜いて、短い時間。すぐに、力を抜く。)演技は軽く。(ここでの演技とはテレビや演劇の演技ではありません。そういう演技を自分はしたことがないのでわかりません。演技も歌も強弱が大切。もちろん、強くするときも余分な体の力は出来るだけ抜く。)感情を出す演技で周りの状況を理解した外向きの演技が良い。演技は人とや環境や状況で成り立つので、外の環境を理解していない、自分の感情だけに視点を向けた、内向きの演技はしてはいけない。
⑧人を変えようと思わない。(共倒れになる確率がかなり高くなる。)変えることができないものを知っとく。(宗教や組織を、自分のようなかなりきつい立場では変えることができないと知っているからできることがある。)逆に人は、上から目線で人を変えようとするよりも、話を聞いたり対話やヒントなど、人を尊重しながらの方が、人は変わって行く。ただ、それでも時間はかかるので根気が必要だし、なかなか変われない所を変えようと思っていると、かなりつらくなる。なので、人を変えようとしない方が良い。組織は、長期的な時間よりもスピードが大切な場合があるので、厳しくするところは厳しくする。許容範囲内で人の成長などは長期視点で見なくはいけない所と、すぐにでも切り捨てなくてはいけない所を、判断しなくてはいけない。
⑨自分から人に近づく。人は自分から近づこうとしない人に、心を許しづらい。最初は、挨拶や挨拶に一言ぐらいでも良い。ただ、気を許してない相手に対して、ずっと、近づこうとし過ぎてもいけない。状況によっては、短いコミュニィケーションを定期的に続けた方が良いこともある。また、誰にでも近づけば良いというわけではない。もし、話したりして、近づかない方が良いと思ったら、自分から近づかなくて良い。
⑩批判を大切にする。(批判から新しい物が生まれる場合もある。その場では、受け止められなくても、時間をかけても良い。)気に食わないことで、感情的になる人と、それを受け止めて応用する人どっちが良いか、一目瞭然。)
⑪わからないことはわからないという。知ったかぶりしていると、あとで信頼を失ったり、素直になれず間違った考え方を、どんどん悪い方向へ進化させてしまう。
⑫パクったら、どこから、抜粋したか言う。手柄を独り占めしない。何気に、人のものをぱくってばかりの人は劣等感を感じやすく嫉妬しやすい。また、人の手柄を盗んでの手柄なので、自分の力では出来ず、プレッシャーをかなり感じる傾向にある。
⑬罪悪感を感じることをしない。(現実的に守った方が良い法律は守る。)酷いことをしすぎない。イジメない方が良い。挫折などを、いじめる事で解消してしまい。いじめる事で、現実逃避になってしまう。(精神医学の代賞になる。防衛機制→欠点や劣等感を他の優越感でおおいかくすことで、心の安定を保とうとすること。過代償といって、代償の度が過ぎると防衛的攻撃となって現れる。虚栄、強がり、虚勢的な粗暴的な振る舞いがこれに属する。)
⑭人のせいにしたり言い訳しない。リスクを承知で、言っても冗談ぽく。実は、ここもバランスで全く人のせいにしない人も、自己肯定力がなくなる。客観的に考えることが一番大切で、無理に自分のせいばかりにしなく良い。人のせいにする時には、どこが間違っていたか、自分はその中でも何ができたのか考える。
⑮謝らない人や、嘘をつきすぎる人、演技をし過ぎる人は、信用してはいけない。
⑯人を切るときは切る。(状況により無視する。冷たくする。しかし、イジメで無視や冷たくする事はいけない。)立場上、冷たくできない人もいる。だけど、人を変えることは関係上難しい場合もたくさんある。もし、ひどすぎる人などは、冷たくできるのなら、冷たくした方が良い。周りを見ない人や、人の話を聞かない人、思い込む演技をする人でひどすぎる人は、どんなことやってもひどいことをしてくる。
⑰自慢話をしない。(軽く自慢話をする。言っても冗談っぽく)何気に、思うかもしれませんが、結構自慢話をする人ほど、自己肯定力がないです。自分も、作業療法士を勉強していた時に、挫折もあって自己肯定力がなかったです。その為に、自分の存在を認めてもらいたいために、自分の自慢話をしていました。これが一つ嫌われた理由だと思います。
 自慢話を、いう時でも軽く冗談っぽく言う人は、何気に自己肯定力があるかもしれまん。でも、自分を良く見せようとしすぎると、自分に、返ってくるのは間違いないです。色々経験すればわかると思いますが、自慢話はあまり面白い話題ではないし、自慢話をするよりも、他の話をすることの方が楽しいことの方が多いです。合理的に考えれば、自慢話はあまりしなくて良いと思うはずです。
⑱レッテルを貼らない。レッテルだけで思考が止まってしまい。レッテルの裏側にある理由から、自分の感情に気づいたりすることが出来ず、感情が貯まってしまう。また、分析や分析した後の発展ができなくなる。
19決まった事を言うよりも、その時の状況にあった話をした方が盛り上がりやすい。疑問文を使い過ぎず適度に使って、なるべく、話を広げる事が大切。
20会話でありがちなのが、念密に話の内容を想定して話してしまうこと。こういったら、こう言うとか、それはあまり考えない方が良い。自分では変えられないところがあるのを知っとく。話は、相手あってのことなので、相手がこう言うだろうとか、こうするだろうとか考えない方が良い。それよりも、ネタや何を話すか大まかなことは、しっかり持って、話の流れにより柔軟に、どんな事を喋るか考えた方が良い。
21人を判断する時は、複数の事で判断する。けっこう、思い込む演技をする人は、パターンに走っている人が多い。複数の事で判断して、パターンを知っとくだけで、はまりづらくなる。オレオレ詐偽と一緒で、パターンを知っとく事が大切。あと、なるべく過去ではなくて、今を判断した方が良い。ただ、過去でも判断材料になる場合がある。人は、パターンを持っているし、自分を変えづらい所もあるので。
22感情の使い方という、記事が使える。
23トランス理論の歌い方を、発声に応用するのも使える。
24そこまで、気が許せる相手ではない人や、どうしても角が立つことは、部分的に本当だと言えることを言う。しっかりと、観察してここは良いとこだなとか、ここは部分的に本当のことを言う。全て本音で生きても嫌われる。かと言って、本音を言わないと抑圧される。中間の、部分的に本当と言えることを言うことが良い時もある。もちろん、ポイントを抑えないといけない時もあるので、全て部分的に本当と言えることだけではダメです。
25家族など気を許せる人には、毎回でなくても良いから、しっかりと向き合う時間を作ること。本当のことか、嘘なのか、どっちかわからない発言が続くと、子供が不安定になりやすい。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

自己肯定力の付け方。(まとめ)3/5(2、他人に対して1/2)

2021年6月3日。①。修正。受容する言葉は、一つのパターンではない方が良い。
2019/6/17修正。福田健さんの本を載せた。
2018/7/17修正。①
2、他人に対して
①人を尊重する。適度に相手を気遣う。もちろん、自分を大切にしながら。人を認め、人を尊重する。(こびないで尊重する。卑屈にならない。)他人を大切にできない人は、自分を大切にできない。そして、本当の意味で自分を大切にできない人が、本当の意味で他人を大切にできない。人には、その人の考え方があるので、自分の思い通りにしようと思わない。(状況により、人だけで無くて、支配者になろうとしない。自分が特別とか、自分が中心では無くて、助け合い、相互補完作用で生きていることを知る。)自分の意見を言う時には、相手の意見に肯定的な返事をしてから受け入れてから、否定しないで自分の意見を言う。言う。(福田健さんの人は話し方で9割変わると言う本に載ってます。このテクニックだけで、人生が変わるぐらい使えるテクニックです。)相手を言い負かすことよりも、発展させたり、聞き出すことや、ヒントをもらうことの方が大切。自分の思い通りにさせない。(逆に、誘導できなくなる。)

受容する言葉は、一つだけではダメです。しっかりと、相手が話した内容を入れた方が良いです。話した内容を入れられない時でも、ある程度受容する言葉のパターンを持っていることが大切です。同じ言葉だと、話を聞いていないと思われます。

子供に対しても、子供をひとりの人として尊重する方が良さそうです。ただ、悪いことがなんで悪いのかしっかり説明することとか、スマホの制限とか、シンプルなルールの設定など、勉強をやる気にさせることとか、そういうことも子育てでは必要な気がします。ただ、頭ごなしでは言うことを聞かないし、ひとりの人間として接して、子供を尊重した方が言うことを聞いてくれるのではと思います。
②甘すぎても、厳しすぎてもいけない。これは、バランスが大切。就職試験でも、ここのバランスを見られる事があるぐらいです。そして、自分の子供にも当てはまり、優しすぎるしつけや厳しすぎるしつけは、子供を駄目にします。なんでも、オモチャとかを買い与えないほうが良い場合もあります。自分は、子供の頃、あまりおもちゃを買ってもらわなかったので、物に固執する事が少ないです。全くないというわけではありませんが。ただ、おもちゃがないと、他の子供の友達と話が合わなくなることもあるかもしれませんし、子供の成長にはおもちゃが使えます。また、厳しくするにも理由が大切。そして、感情的にはならずに、冷静になんで厳しくしているのかわかるように、暴力を振るわないように説明する事が大切です。小さい子供は、子育てしたことないのでわかりません。
③全ての人にわかってもらおうとしない※1。悪く思われても良いと思う。全ての人に好かれようとすると、筋が通らなくなるし、周りの目を気にしすぎてしまう。人間の習性的に、全ての人に好かれようと思わない方が良い。筋を通すことも大切だけど、筋を通そうと考えると、逆に自分を精神的に追い込んでしまうので、硬く考えず、みんなに好かれようとしないように考えた方が良い。自分が決めるところと、人が決めるところを区別する。(自分の人からの印象は、結局人が決めるので、言われたくないと考えることは逆効果。逆に、そのことでわかることがあるなら受け止めて分析することが大切。)人は、面白半分で悪口を言ったりする。それは、大なり小があるが誰でもターゲットになる場合がある。無理に、悪いことを言われないようにしようなんて考えない方が良い。

※1全ての人にわかってもらおうとしない。
 結局、人はみんな考え方が違います。それなので、全ての人にわかってもらおうなんて無理です。なので、わかってくれる人だけにわかってくれればよいでしょう。ある程度の人数の演説で、人の視線を多く感じる時には、反応の良い聞いてくれる人を探します。そして、まずその人、一人に訴えかけるようにするのがテクニックです。視線が多いので、みんなに訴えようとすると、緊張します。なので、反応の良い人に訴えかけるように演説すると上手くいくみたいです。これも、そういう効果でしょう。反応の良い、一人に訴えかけることで、反応の悪い人を気にせずに、集中して演説できるのでしょう。中小企業診断士の勉強をして、講演の上手い先生が教えてくれました。そして、そのままだとその人が疲れるので、視線を代えて他の人に視線を移すのがテクニックです。自分の経験を交えて、自分の考えを入れて話したほうが好印象になります。もっと、人が多くて、人の視線を感じない時は違うかもしれません。
 みんなにわかってもらおうとすると、自分にはね返ってきます。わかってくれない人はわかってくれないと考えて方が、逆に人間関係のプレッシャーもなくなり、逆に友達も増えるでしょう。これは、逆にそんなものなのです。人の心理からして、人に嫌われたくないと思うと、逆に嫌われる行動をとってしまうのです。これは、好きな女の子を苛める小学生と同じなのです。好かれたいと思っているのですが、わざと嫌われるようなことをとるのが小学生の男の子を見ればわかるかもしれません。それとか、虐待された子供は、自分は虐待したくないと強く思いすぎて、上手くいかないと、逆に子供を苛めてしまうのと一緒です。なので、強く考えすぎず、ある程度適当に短く考えた方が、逆に反対のことをしません。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

ハーフスペースと真ん中で3人配置をやるチームが増えました。

まず、マンチェスターシティーが5トップ気味に、縦の5つのラインに配置する布陣を作りました。格サイドに1人づつと、各ハーフスペースに1人づつ、そして真ん中に1人の布陣を使ってブロックを攻略する戦術を作りました。
そして、リヴァプールが、陣形を整えてからのハイプレスの回避に、各ハーフスペースと真ん中で3人の配置にして、こぼれ球を拾いやすくしやすい形をとりました。
そしてから、スペインのラ・リーガで、アトレティコ・マドリードが、マンチェスターシティーの5トップに近いのですが、これがカウンターを受けやすいので、シメオネはこの形を工夫して改良して4-4-2のブロックを攻略しようと考えました。
簡単に言えば、各ハーフスペースと真ん中の3トップの形に似た形を作るシステムです。



アトレティコ・マドリード対バレンシアの58分26秒の1点目のシーンです。アトレティコからみて右サイドからの陣形を整えてからの守備の時です。アトレティコの右サイドの20番から6番に斜めのバックパスで同サイドにいるハーフスペースにいる6番の選手にボールを戻します。
この時に、少し前から事前に予測して、同サイドのハーフスペースにいる選手がライン間(バレンシアの同サイドのサイドバックと同サイドのセンターバック、同サイドのボランチと同サイドのサイドハーフの四角形の中間に近い間のポジショニング)のポジショニングを取ります。
ここで、注意することが、ハーフスペースとライン間の違いです。ライン間は間のポジショニングですが、ハーフスペースは、縦に5分割したサイドと真ん中の間のスペースなので似てますが別物です。ハーフスペースの方がエリアは大きいですし、定義も広いです。ピッチを横に分割したミドルサードでもハーフスペースという言葉は使えます。




そして、真ん中のグリーズマンが、バレンシアの同サイドのセンターバックが前に出れないように、あえて気づくか気づかないかのぐらいでプレッシャーに行きづらくします。

そして、逆サイドの選手は、ハーフスペースというよりも真ん中ですが、4バックの逆サイドの選手の近くにいて、ほぼ、ハーフスペースに1人づつと真ん中で3トップの形を作ります。



そして、アトレティコの20番のサイドバックのポジションにいる選手はパスを出したら、サイドに走り、ライン間にいる味方に対するサイドバックのプレッシャーを少なくするために、ボールを出した瞬間に走ります。普通なら、サイドバックはもっとハーフスペースにいるライン間の選手にプレッシャーを与えて前を向けさせたくないのですが、フリックを使われて、裏を取られる可能性があるので前に出れませんでした。これも、局所的数的有利の考え方を応用しています。バレンシアの左サイドバックにとっては、対応をしなければならない選択肢が増え、迷いが生まれ判断が遅れています。
バレンシアの左センターバックにとっても、それは言えて、真ん中のグリーズマンに着くか、ライン間の選手に行くかで選択肢がいくつかあり、迷いが生じて判断が遅れています。

そのことにより、本来なら、後ろの左サイドバックか左センターバックがフォアチェックでボールを奪いたいところですが、それができませんでした。
そして、角度のない縦パスでライン間にいる選手に渡ったのですが、本来なら、後ろの選手がわからずにプレッシャーを受けやすいのですが、プレッシャーを受けずドリブルしてシュート、遠心力のキックで、軸足と体の向きのフェイントを入れたシュートでゴールしました。遠心力をキックに組み込んだ方がボールのスピードは速くなります。



かといって、同サイドしか選択肢がないというわけではないので、バレンシアとしては守りづらいです。

全部の一連の試合を見てないので違う方法かもしれません。ただ、形から推測すると、逆サイドは、後ろからボールが出る瞬間に4-4-2のブロックの間で受けられるポジショニングを取っています。なので、バレンシアの逆サイドのサイドバックは逆サイドのハーフスペースよりの真ん中にいるアトレティコのフォワードにマークをつけなくてはなりません。そして、そこにマークがつくと、4-4-2のブロックの真ん中の4の所のサイドハーフとボランチの間のポジショニングにいた選手が、サイドバックの大外のハーフスペースを少し回りながら、局所的数的有利を作ろうとします。
これにより、もし同サイドが難しくても、逆サイドで数的有利を作れているので、いくつかの攻める型があります。

多分、これはマンチェスターシティのグラウディオラ監督が考えた5トップの形をもっと守備的にしてバランスをとったシステムになります。

こうやって、誤差はあるもののハーフスペースと真ん中にに1人づつで3人の形は進化しています。


局所的数的有利は、2017年6月14日の記事に載せてます。ただし、局所的数的有利という言葉を書いたのはその後からかもしれません。局所的数的有利という言葉をいつ使ったかまでは覚えてませんが、前シーズンのレアルマドリードのジダンが最初に意識的に使った気がします。
マンチェスターシティの5トップの形と、リヴァプールの3トップでハイボールのこぼれ球を拾う戦術は違う記事に載せてます。遠心力のキックもやり方を載せてます。けっこう記事があるのでわかりづらいかもしれませんが、はしょらせてもらいます。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

プロフィール

dondonyarou0top

Author:dondonyarou0top
サッカー用語というカテゴリーが、初心者から上級者まで、楽しめると思います。あと、自己肯定力の付け方とか、メンタルに関することも載ってます。フィランジマグというブログも、アメーバでやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR