fc2ブログ

バルサの、オフザボールの工夫。

セルティック対バルサを見ると、バルサのオフザボールに工夫が生まれたのわかる。


ペナルティーエリアにいる選手が、サイドラインの方に、ゴールから離れるように走るようになった。


ゴールから、真横に近い斜め方向に走ったり良くしている。普通なら、ついていかなくても平気と思うかもしれない。ただ、ポイントは、真横に近い斜め方向に走っていても、ボールをスペースに出すので、ボールを貰う選手はボールを受け取る時には、前をむく。なので、ディフェンダーは、ついていかないとクロスを簡単に入れられてしまう。ついて行くと、そこにスペースができてしまい、得点される場合もある。セルティックはそこを使われて、得点されてしまった。




あと、ポイントが、マイナスに、誰か必ずいることだ。
ただ、マイナスにいたとしても、ディフェンダーが、サイドにつられてスペースができたら、そこにマイナスにいた選手がそのスペースに飛び込むこともある。


自分がやってるポエムのブログです。パソコン使えなかった時に、サッカーの事も多少書いてます。
http://s.ameblo.jp/firanji-mag/


スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

巻くシュートの対策の対策

多分ですけど、巻くシュートは、少し前ならキーパーが読んでいても、ゴールを決める事が出来ていた。
ですが、最近になって対抗策がでました。
それは、ディフェンダーがニアのシュートコースを消して、ファーサイド寄りにキーパーがポジショニングする。すると、巻くシュートだけでなく、ファーサイドへのクロスにも対応出来る。
一石二鳥の、守備の仕方を仕方をしてた。
2016年11月24日に行われたチャンピオンズリーグのセルティック対バルサでの、バルサの最初の得点でも、セルティックのキーパーはその守備をしていた。


では、なぜ得点が入ったかというと、ディフェンスとキーパーがファーサイド寄りの、守備をしてたから、逆にそれを逆手にとってゴールを決めたのである。


まず、ディフェンダーが、ニアのシュートコースを消すなら、巻いたクロスは入れる事ができる。バルサの左サイドなら、ネイマールは利き足の右足で、巻くクロスができる。ただ、キーパーのポジショニングがファーサイド寄りなので、ファーサイドの巻くシュートやファーサイドへのクロスから得点する事が、若干難しくなる。
なので、ネイマールはニアサイドに走り込んだメッシに、回転が弱い、巻くクロスをニアサイドに入れた。
そして、メッシは、ネイマールからのクロスをニアサイドに走り込みながら、流し込んだ。ちなみに、縦へのグランダーのパスを警戒して、後ろのボランチかディフェンダーが縦へのスペースをケアしてて、ニアサイドのゴールポスト付近に、スペースができていた。メッシはそのスペースを逆に利用したので、ゴールできたシーンだった。
キーパーは、スライドしたが、若干ニアのコースを開けてしまい。ニアサイドに、メッシは利き足の左足でゴールを流し込んだ。
ここでのポイントが、巻くクロスの回転が弱い事だ。ニアサイドの、クロスだとすると、、回転が強いと、シューがし辛い。それでさえ、ニアサイドのクロスを合わせるのは、角度的に難しい。なので、回転が弱かった。


今回の得点も、ジャストミートしたとは言えなかったが、そこはメッシ上手く流し込んだ。利き足じゃないと、厳しいゴールの仕方かもしれない。


それと、走り込む時に、ディフェンスの間に走り込んだのもよかった。


ただ、ワントップのスアレスがサイドに開いて、決まったゴールで、動画だけではわからない工夫があるのかもしれない。



自分がやってるポエムのブログです。パソコン使えなかった時に、サッカーの事も多少書いてます。
http://s.ameblo.jp/firanji-mag/

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ゼロトップ応用の、カウンターが応用されている可能性があります。

動画でしか、見れなかったのでわかりませんが、カウンターの時に、5つのレーンや4レーン(1番逆サイドのレーンを除く)を意識して、使われている可能性があります。
あとカウンターの時に、ペナルティエリアのニアサイドの、サイドバックの外と、ペナルティエリアのファーサイド(サイドバックのサイドの高い位置から、裏を狙いながら、ディフェンスラインを下げさして、空いたバイタルエリアで、フォワードがボールを受けようとしているようなシーンが多いような気がします。
ゼロトップ理論の応用で、ディフェンスラインを整えて下げさすことを、逆手に取ったカウンターの仕方です。
前にも書きましたが、それがまだ使われています。

自分がやってるポエムのブログです。パソコン使えなかった時に、サッカーの事も多少書いてます。
http://s.ameblo.jp/firanji-mag/

ブログで、勘違いが多くなってすみませんでした。

カロリーを、上手く取れなかったことと、鬼畜なことされたにしても、勘違いの部分が、多くなってすみませんでした。
言い訳をすると、カロリーが、取れなくて、ベタ足とか、姿勢が悪くなってたり、精神的に悪くなる方法をとられたのが、大きな原因でした。しかし、 それでも、もう少しマシな表現が必要でした。
申し訳ございませんでした。

ラジオ体操の、深呼吸が、逆腹式呼吸です。

ラジオ体操をやるとわかるのですが、深呼吸するとき、自然と、手を上げて息を吸うときに、腹をへこませて、手を下ろして、息を吐くときに、腹を膨らませます。
自然と、逆腹式呼吸になる形になります。

歌で、逆腹式呼吸は、完璧でなくても良いです。見せ場とかで自然と入れるのも面白いです。
サザンの、みんなのうたのサビとか、コンプレックスの恋を止めないでのサビとかが、逆腹式呼吸と腹式呼吸の入れ方の参考になります。
次第に、音程を強く高くしていってるやり方が参考になります。音程を上手く、下げながら、音程を上げるのがポイントになります。

自分がやってるポエムのブログです。パソコン使えなかった時に、サッカーの事も多少書いてます。
http://s.ameblo.jp/firanji-mag/

転院という形になりました。

東京の練馬の病院から、栃木県の宇都宮市の病院に転院という形になりました。
入院中何もしないのではなく、2万歩以上、1日歩いていました。それに、勘違いも多かったですが、アィディア
をだしたり、ポエムを書いたりしました。
何気に努力してしまうのが、自分の性格とわかりました。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

プロフィール

dondonyarou0top

Author:dondonyarou0top
サッカー用語というカテゴリーが、初心者から上級者まで、楽しめると思います。あと、自己肯定力の付け方とか、メンタルに関することも載ってます。フィランジマグというブログも、アメーバでやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR