fc2ブログ

ライン間からの展開の仕方。



入院していたため分からないが、少し前の、本田がそうだったのだが、ライン間(センターバックとサイドバックとボランチとサイドハーフの四角形の中間ポジション)にポジショニングをとって満足する選手がいた。ライン間でボールを受けるとなぜ良いのかと言うと、プレッシャーを与えるかどうか時間ができる。また、だれがプレッシャーに行くのか判断するのにミスや時間ができる。センターバックやサイドバックが前に出て守備をしなくてはいけない状況ができる為である。なので、ギャップを突きやすくなる。
その為、バルセロナでは、パスを受けるだけでなくドリブルでライン間に侵入してサイドバックやセンターバックなどを釣りだした後に、パスを出すことが多い。
パスを出すときのポイントで多いのが、サイドバックとセンターバックの間にパスを出すことが多い。すると、サイドバックやセンターバックが前に出て守備をしようとした時なので、裏のスペースを突きやすくなるのがポイントしてある。どうしても、センターバックやサイドバックも前に出て守備をしようか考えるので、よりボールウオッチャーになりやすくなると言うことだ。ライン間を上手く使って、ギャップをつくり、サイドバックとセンターバックが前に出たところで、裏を突く。このパターンは鉄板のように使われる。勿論、ライン間を使い方も工夫が必要。ずっとライン間にいる時もあれば、敢えて、ディフェンスラインに近づいて、下がってライン間を使うこともある。勿論この場合はプレッシャーを受けやすいので、ライン間でボールを受けようとした選手の裏に走る選手が必要になってくる。また、出来れば前を向いてライン間のスペースを使いたいので、ドリブルやターンなどを使って侵入することもやる。
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

マインドコントロールの解き方。



①リラックスする。
②最悪の結果になった時の感情を想像して、そ の感情になる。
③マイクロ波をやられているとしたら、マイクロ波を遮断する。
④催眠術の応用なら、催眠術をかける合図と解く合図を知っとく。
⑤少しに絞って、肯定的なことを、自分で自分にマインドコントロールする。
⑥これから起こることを、悪いことも含めて想定しておく。
⑦完璧にマインドコントロールにかからないようにするなんて考えない。
⑧超音波スピーカーの内容を信じない。
⑨心理学のテクニックを知っとく。


マインドコントロールを解くには、本能を上手く使うことがポイントです。なかでも、絞るなら人間の欲求の中で一番強い、生存欲求(生きる欲求)を上手く使うのが、ポイントです。あと、体の力を抜いてリラックスするこです。

①リラックスする。
意外に思うかもしれませんが、リラックスした方が、マインドコントロールにかかり辛くなります。逆に身体に力を入れてしまうと、マインドコントロールにかかりやすくなります。花王のだしてる、メグリズムのホットアイマスクがオススメです。
カイロプラクティスでも、マインドコントロールを解いてくれる所もあります。自分の知ってる所は、氏家療院というところですが、ホームページでは胡散臭ですが、マインドコントロールを解くこともやっています。ただ、こういう所は逆にマインドコントロールを仕込まれる可能性があります。自分も、療養中に勃起してマインドコントロールを仕込まれそうになったので、気付いたときから、直ぐに行くのを止めました。
リラックスする場所や環境も考えた方が良いです。アルミホイルなどで、マイクロ波を遮断して、リラックスするのも手です。



②最悪の結果になった時の感情を想像して、そ の感情になる。
以前に、http://s.ameblo.jp/firanji-mag/entry-12020810105.html

に載せたパチンコ、スロットの止め方と一緒です。
ポイントは、まず自分の感情に気付いて、それをまず一回受け止めます。
そして、もしその行動をとったらどうなるか考えます。そして、その行動をとったときに、最悪の結果はどうなるか考えます。
そして、そうなった時の感情を想像して、その感情になってみます。
それで、もしその行動をやりそうになったら、最悪の結果を考え、その時の、感情になってみます。
すると、その行動をしなくなり辛くなります。

感情や本能を、上手く使うのがポイントです。


③マイクロ波をやられているとしたら、マイクロ波を遮断する。
手口としては、頭、首、心臓にマイクロ波を当ててマインドコントロールしてくることが多いです。行動科学の応用で、この種類のマイクロ波があたったら、こう考えると刷り込まれています。あと、痛みをわざとあてて、身体に力が入ったあとに、痛みをとって、心理的に無防備になったところで、刷り込むのも手口です。
マイクロ波は、手やアルミホイルで防げます。アルミホイルも、本当にマイクロ波を防ぐのか、携帯などのアンテナがどれくらい減るのか、見て使うと良いでしょう。首や、手首は、自殺させる為に、気付くか気付かないぐらいで、意識させるぐらいにしかやりません。でも、首や手首を防ぐくらいなら、頭のマイクロ波を防いで、意識をはっきりさせた方が効果的です。
あと、胸にマイクロのを当てて、心拍数を増やします。心拍数が上がると、不安や緊張状態になりやすいので、その状態を人工的に作ります。この時は、胸に手を当てたり、腕を伸ばすストレッチで心臓を守るのが効果的です。
あと、マイクロ波と行動科学を利用して、オーバードーズ(薬に依存してしまい。薬の大量摂取をしてしまうこと)や依存をつくることもできます。まず、マイクロ波をあてて体調の悪い状態を作ります。そして、薬を飲んだ瞬間にマイクロ波を弱めます。それを繰り返すと、薬を飲んだから良くなったのだと錯覚を起こします。なので、飲んだふりでも体調が良くなります。そして、薬に依存した所で、薬を飲んでもマイクロ波を弱めません。すると、人によっては薬に頼ろうと、また、とんぷくなどや薬に頼る人もいるでしょう。もちろん、自分は薬は急激に止めてはいけない薬なのがわかっているので、全く飲まないということはありません。


④催眠術の応用なら、催眠術をかける合図と解く合図を知っとく。
あれ程、頻繁にやっていた催眠術の番組がパタリとやらなくなりました。多分、番組を見て催眠術がどういうものかわかってしまうのが困るのでしょう。催眠術は、合図とともに、暗示をかけられて、催眠状態にかかります。その後、合図とともに、催眠状態から意識がはっきりとします。マインドコントロールも、この応用でやられます。多いのが、鼻をすする音を1回やって催眠状態にさせた後に、咳を1回することで催眠状態から解くことをやります。両方の合図を知っとくことで、催眠状態にされたら、催眠状態を解く合図を自分でやっても効果があります。


⑤少しに絞って、肯定的なことを、自分で自分にマインドコントロールする。
あまり、自分で自分をマインドコントロールすると、自分の頭が硬くなって、柔軟性が出なくなるのでやめた方が良いでしょう。なるべく、絞って、できるなら生存欲求(生きる欲求)に関係する物が良いです。マインドコントロールの方法は、いろいろありますが、アニメや、映画の映像の編集を意識してやると良いでしょう。言葉を印象付ける方法が、応用して出来ます。


⑥これから起こることを、悪いことも含めて想定しておく。
パニックになると、マインドコントロールにかかりやすくなります。次起こることを想定しておくだけで、パニックになりづらくなりマインドコントロールにかかり辛くなります。できれば、対処方法を知っとくと良いでしょう。
褒めて、良い気分にしてから、悪口を言って落とすのも手口です。かなり念入りに、褒めてか
ら、一気に落とします。想定しておくことと、マイクロ波を合わせてやってくるので、それを防げば、ショックが緩和されます。

⑦完璧にマインドコントロールにかからないようにするなんて考えない。
完璧にと考えると、一度でもマインドコントロールにかかるとパニックになります。マインドコントロールにかかっていると、工作されて思ってしても、マインドコントロールにかかりやすくなります。最悪の所だけ、マインドコントロールにかからなければ良いと考えた方が、マインドコントロールにかかり辛くなります。


⑧超音波スピーカーの内容を信じない。
マインドコントロールのテクニックとして、聞こえてくる言葉を信じさせます。声を信じると、マインドコントロールにかかりやすくなります。ハメられる方だけでなく、ハメる方も、超音波スピーカーの内容を信じたら、マインドコントロールにかかりやすくなります。マインドコントロールの手口で、一緒にあいつをハメる仲間と思わせて、仲間意識をもたせると、マインドコントロールにかかりやすくなります。本当は、ハメられる方だけでなく、仲間意識を持たせたハメる方もカモということもあります。
中身を信じさせる手口としては、信じられることを最初に伝えて、中身を信じさせてから、嘘と本当のことを、伝えるというテクニックがあります。第一次世界大戦か第二次世界大戦か忘れたのですが、日本がロシアに対して行った情報戦の応用を使っています。
超音波スピーカーは、超音波スピーカーかどうか区別しづらいので、やられた時点で、聞こえてくる言葉は全て信じない方が良いです。



⑨心理学のテクニックを知っとく。
心理学のテクニックを知っとくだけで、マインドコントロールにかかり辛くなります。かなり、マインドコントロールのテクニックを使うのが手口なので、注意深く観察すると良いでしょう。




自分が書いた詩のブログです。
依存の項目に自分のパチンコの止め方とたばこの止め方も載せました。
http://ameblo.jp/firanji-mag/

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

東福岡の餅山の凄さ。

今回の東福岡には、驚かされた。やるサッカーがとても高校サッカーのレベルではない。下手なJ2のクラブよりも強いかもしれない。個人のレベルを考えなかったら、jリーグの中堅レベルより、戦術がしっかりしている。東福岡の監督はレベルが高い。こういう監督を、jリーグで指揮できるようにすることも、日本サッカーで必要なことだと思う。
まず、凄いのは、プレスを回避する為にキーパーを使ったビルドアップをいれたこと。そして、星稜との準決勝では、複数のビルドアップのやりかたを持っていたことだ。高い位置にいるサイドバックが下がりながらボールを出すタイミングで同じサイドのサイドハーフが、ボールを受ける動きをする。それで、サイドバックがワンタッチで、後ろ斜めにフリック気味にパスする。リアルタイムでしか見てないので曖昧な表現になってしまうが、サイドハーフがそのボールを受けて展開する。星稜も、そのパターンがわかったので、途中からボランチを使ってそのスペースを埋める。そしたら、東福岡は、途中からこのパターンが使えないとふんだら、サイドバックに縦パスをあてず、サイドハーフかインサイドハーフが縦パスを受けるということをやっていた。
星稜は基本的に、ボールをもつ瞬間にフォアチェックでボールにプレッシャーをかけるので、どうしても、サイドバックのいた所にスペースができてしまう。そこを、ワントップの餅山選手が使ってた。餅山選手の凄い所は、オフザボールの凄さ。マークを惹きつけてスペースを作るだけでなく、裏に抜けたり、裏に走るふりをして、ポストプレーをしてタメを作れるのが凄い所。その凄さは、高校生レベルではない。ただ、星稜戦では慎重になり過ぎて、ポストプレーをする時にミートしてパスをするのが下手だったり、パスの精度がないのが残念な所。ただ、オフザボールはタイミングであったり物凄いし、得点の入れかたも良いので、jリーグチームは、彼にチャンスを与えて欲しい。ワントップで、身長も184cmあるので、日本人には少ない選手なので、絶対面白い。彼に、得点能力とある程度のテクニックを身に付けさせたら代表もはれる選手になるかもしれない。ただ、テクニックが今ひとつなのでリスクはある。ただ、そのリスクを背負ってでも、価値のある選手である。
あと、東福岡は、良い選手も多い。キーパーも高校生1年であそこまで出来るのは凄い。ビルドアップ能力もあるし、身長がもう少し伸びれば面白い。
あと、藤川と、橋本と三宅も良い選手である。


自分が書いた詩のブログです。
依存の項目に自分のパチンコの止め方とたばこの止め方も載せました。
http://ameblo.jp/firanji-mag/

テーマ:全国高校サッカー選手権大会 - ジャンル:スポーツ

五郎丸のキックを真似してはいけない理由。

中西哲生さんと、サッカージャーナリストの木崎さんが、サッカーのキックで五郎丸のキックを例に出している。
ここで問題なのは、ラグビーとサッカーでは、ゴールの位置が違うということだ。サッカーは、下にゴールがあるのに対して、ラグビーは、上にある。サッカーにおいて、吹かさないようにするのに、なんでボールを高い位置に浮かさないといけないラグビーのキックを例に出さないといけないのかわからない。
それに、基本的に足首を曲げるという表現ではわからない。ただ、巻くシュートはボールを蹴ったあとは、足首をあまり曲げないで蹴る選手も多い。どのタイミングで、足首を曲げるのか微妙にわからない。蹴る瞬間に、足を伸ばす選手も多い。ただ、上半身を起こし過ぎてはいけないのは確かだと思う。


余談
あと、前に横からきたボールは体の向きをボール方向にすこし向けたりした方が良いと書いたが、他にも、香川みたく、体の少し前で、ボールをやや引っ掛けるように蹴れば、逆サイドをねらいやすいかもしれない。
あと、どこのチームの選手がやってたか忘れてしまったが、オフサイドポジションに敢えていて、油断させて、ディフェンスラインまで戻って裏に走ることをやっていた。これは、何気に使えそうだ。


自分が書いた詩のブログです。
依存の項目に自分のパチンコの止め方とたばこの止め方も載せました。
http://ameblo.jp/firanji-mag/

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

サンフレッチェ×ガンバ!天皇杯準決勝

長谷川監督の采配が、ズバリと当たった試合だった。まず、何をしたかと言うと、サンフレッチェの得意なのは、キーパーを使ってのプレスの回避の仕方が、かなり上手い。なので、長谷川監督は、プレスを高い位置からかけるのではなかった。昨シーズンのアトレティコマドリードみたく、ディフェンスラインを下げて、1-4-4-2の2トップが、ボランチをケアする形にした。この守備の仕方は、運動量がかなり必要になる。ガンバ大阪は、中断期間のアドバンテージを考えて、運動量の必要とされる戦術を使ってきた。
この守備の仕方で、一番ポイントとなるのが、パトリックだった。青山選手を封じる為に、色々策を練っていてポイントは、パトリックのプレスバックだった。ガンバ大阪は、青山選手を、かなり研究してきていた。青山選手は、すこし、前に集中し過ぎてしまう所がある。ボールを、青山選手が少しゆっくりにボールを持った瞬間に、後ろからパトリックがプレスバックをかけて、ボールを奪う。これにより、青山選手はゆとりを持ってプレー出来なくなり、プレーに精彩を欠いてしまう。持ち味のパスの精度も無くなってしまった。サンフレッチェは、過密日程の影響で、パスの精度も無くなっていて、良い形になりそうな時に、パスミスを繰り返していた。長谷川監督は、パトリック選手に青山選手ふうじのプレスバックと攻撃の起点と言う、ハードな役割を持たせた。その為、パトリックは、後半の途中で機械的に交代させるプランを組んでいた。サンフレッチェを、よく分析する時間があって、有利な部分を使っての勝利だがかなり戦術が上手かった。宇佐美の疲れがぬけて、本来の宇佐美らしさが出てきた勝利だったがガンバは自分たちのアドバンテージを上手く使った勝利だった。
先制点を取られたのも、サンフレッチェにとっては厳しくなった。千葉選手が、重心を低くし過ぎてしまった。その為、宇佐美選手は、足を伸ばしてくるタイミングを掴みやすくなってしまい。股下を狙われてのゴール。宇佐美選手のスーパーゴールだが、千葉選手のミスでもあるゴールだった。
長谷川監督は、食えない。良い意味でも、悪い意味でも、イングランドのプレミアリーグの監督見たく、タヌキになったと思う。前半終了のインタビューで、ディフェンスラインが下がり過ぎたディフェンスラインを上げればもっと良くなる。とインタビューした後、後半開始に、プレスの開始位置を高くする。しばらく、このままなのかなと思った。サンフレッチェも対応を責められてから、また、引いてカウンターの戦い方。嘘は言わないで、誤解をわざと与えるようにインタビューを上手く使った。これは、jリーグの監督して、必要な能力の一つかもしれない。

余談
天皇杯の決勝は、全て見てないけど、パトリックの成長がうかがえた。パトリックは、キーパーとの1対1でタイミングを外すのが下手で決定力がない。たげど、この日は違った。1対1で、キーパーのタイミングを外して綺麗にゴールした。日頃の練習の工夫が、ボールをミートする能力が高くさせたのだと思う。
2得点目も、セットプレーで綺麗にミートさせてゴールを奪った。浦和のセットプレーの守り方は、マンツーマン。マンツーマンは、ブロックして、邪魔されるのに弱い。だから、ゾーンの方が良いという監督もいる。マンツーマンの欠点を綺麗についたゴールだった。


自分が書いた詩のブログです。
依存の項目に自分のパチンコの止め方とたばこの止め方も載せました。
http://ameblo.jp/firanji-mag/

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

プロフィール

dondonyarou0top

Author:dondonyarou0top
サッカー用語というカテゴリーが、初心者から上級者まで、楽しめると思います。あと、自己肯定力の付け方とか、メンタルに関することも載ってます。フィランジマグというブログも、アメーバでやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR