fc2ブログ

昨日、浦和対鹿島の試合を見ました。

昨日、浦和対鹿島の試合を見に埼玉スタジアムまで行きました。けっこう面白い試合でした。ファールが多い試合でしたし、どちらかというと鹿島アントラーズが好きな自分にとっては、鹿島アントラーズが負けたのは少し残念でした。

でも、基本的に好きなサッカークラブの条件が、面白いサッカーをする所と、若手が出てくる所なので、面白いサッカーをしてた浦和にも拍手を贈りたくなる試合でした。ただ、鈴木優磨選手と接触して、西川選手が倒れたシーンは、そちら側で見てたので、もう一度映像で確認したいです。やっぱり、VARは必要ですね。
スーパーサッカーのスパサカVARに期待したいです。でも、テレビじゃできないかも。

浦和に4万人も観客が来ていて、けっこう人が多かったです。jリーグでこんなに人を呼べるんだと、新鮮な雰囲気でした。本当にダ・ゾーンに感謝です。こんなにjリーグが身近になるとは思いませんでした。ただ、ネットならではの不都合もあるので、そこは改善して欲しいです。

でも、日本代表に選ばれた選手は少し違かったです。槙野選手の縦パスはディフェンダーレベルじゃなかったし、後半失速したものの昌子選手のポジショニングはけっこう良かったです。

鹿島アントラーズは、ボランチの問題が出ましたね。今のサッカーは守備的なボランチが最低一人はいないと厳しいので、守備的なボランチが色んな理由からいなかったのはかなり厳しかったですね。それを見越してか浦和レッズは柏木選手をギャップのできた所に裏を狙わせてました。2トップなのに、ギャプを作って裏を狙える2トップ下や2シャドーの利点を生かしたサッカーに見れました。なので、ディフェンスラインをカバーできる守備的なボランチが一人は必要でした。

永木選手は、少し自分の役割を理解しきれてなかったのも痛かったです。多分、試合にあまり出てないこととかが関係していたのかもしれません。日本代表でも柴崎選手が今なにが必要なのか理解できてなかったことと、形は違えど、根本は一緒の気がしました。

でも、こういう言い方はあまり好きではないですが、勝敗を決めたのが、けっこうメンタルなんではないかと思います。鹿島は疲れもあったかもしれません。でも、得点に貪欲で、得点につながる裏とか、シュートを力を抜いて積極的に狙ったのは浦和レッズでした。

特に、この日2得点を決めた武藤選手には、貪欲さ野心を感じられました。大きな目標があって、その為に今日勝ちたい。そんな気持ちのこもったプレーをしてました。

海外で成功する一因にも、この野心や大きな目標って大切じゃないかなと思います。海外って絶対、最初はキツイですよね。日本みたく便利な国も少ないし、不自由な中で言葉も覚えなくてはいけなくて、サッカーも練習しなくてはいけなくて、大変だと思います。自分の力を試したいという気持ちだけではやってけないですよね。

タイトルをとりたいとか、ビッグクラブに行ってタイトル獲りたいとか、バロンドール獲りたいとか、日本代表に選ばれてワールドカップに行きたいとか、ワールドカップでベスト8行きたいとか、その時によって現実的な野心や目標がないと頑張れないですよね。多分、現実からかけ離れすぎても努力できないけど、こういう目標って大切ですよね。

自分もそうです。今サッカーの分析をあまりやってませんが、状況が変わって評価されるようになるなら、サッカー分析の能力を活かした仕事につけるかもしれないという野心がなかったら、とてもじゃないけど何年もできなかったです。それだけ、サッカー分析は大変すぎるくらい大変ですし。今は、ここら辺は体のこともあるし、難しいかなと思い。ポエムや詩の方向にシフトしようかと思ってますが、ポエムや詩も野心や目標がなかったら、続けられないと思ってます。
それだけ、サッカー分析でも、詩でもポエムでも内容を盗まれまくっているので。

話は脱線しましたが、その大きな目標を見越していた浦和レッズが勝ったのではないかと思います。それがしっかりしているから、ゲームプランもぶれないし、リードしたら守ること、そして、守るだけでなくてカウンターをしっかり狙うことそれがしっかりしていたと思います。

あと両チームとも、ディフェンスラインの下げ方が下手ですね。後ろ向きでディフェンスラインを下げようとも、それでは裏は全く怖くないので、簡単にオフサイドトラップを仕掛けられます。それじゃディフェンスラインを上手く下げられませんよね。そういうシーンが多かったですね。あと、遠心力のキックは遠心力の力を使うことが大切です。遠心力の力以上に力みすぎると、遠心力の力を使うことができなくなります。中学生の卓球の顧問に教えられた余分な力を抜くことが、人生でここまで生きると思いませんでした。でもサッカーに通じるところがあり、遠心力のキックでも余分な力を抜くことが大切なのだと思います。

鹿島はクロスがワンパターン過ぎますね。ディフェンスの間に入れたり、鋭く落ちて曲がるキックを蹴ったり、マイナスのクロスだったり、クロスにもバリエーションが必要に思えました。多分、練習の時に、人型のポールを上手く置いた練習が出来てないのだと思います。人型のポールを効果的に使うことで、クロスを入れる方は、どんなボールを蹴れば良いのか、考えて蹴れるので、そういう練習が足りない気がします。もちろん、見た感じなのでわかりませんが。

スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

鹿島は、若手がどんどん出てきますね。

鹿島は、有望な若手がどんどん出てきますね。鈴木優磨選手であったり、三竿健斗選手、町田選手、安倍選手など、色々います。
この4人の才能は素晴らしいです。
ただ、成長も波があったりします。鈴木優磨選手は昨年はそこまで結果出せなかったですが、今節の前半はけっこう活躍してます。ドリブルが得意な訳ではないですが、オフザボールが良くなりつつあり、波がありますが得点能力のある選手です。三竿健斗選手は、日本代表に呼ばれてから変な癖ついて調子を崩してます。しかし、ボール奪取能力に加え、カバーリング能力、判断能力が良い選手です。少し、最近は前に出すぎて、カバーリングを生かす使われ方をしないのが残念です。町田選手は、20歳という年齢でパフォーマンスも悪くないですが、試合にコンスタントに出てないです。自分としては、犬飼選手よりも評価できるパフォーマンスだと思うのですが、町田選手が控えに回ることが多いです。身長的に才能的に、適切な経験を積ませれば昌子選手を超えるポテンシャルを持ってます。普通は、あの年齢であそこまで判断が良いディフェンダーは少ないぐらいです。ディフェンダーなので、我慢しながら経験を積ませなければ、良いディフェンダーにはなりません。レンタル移籍しなくても良いポテンシャルを持ってますが、使わないならレンタル移籍させるべきです。
安倍選手は、怪我などの影響が多くて、怪我を繰り返してますが、次第に才能が開花し始め、ドリブルの才能に加え、オフザボールも良くなってきてます。怪我を少なくする為、深いスライディングの力の逃し方や、体幹やバランス能力のあるフィジカル(怪我の少なくなった長友選手などを参考にしても良いかも。)、食事などの生活面を見直して、怪我に強い体にする事が必要です。ヨーロッパでも、怪我を繰り返してしまい大成できない選手もいます。間違いなく、かなり良い才能を持ってます。

鹿島アントラーズは、本当に才能豊かな選手を育てているのが凄いです。でも、他のjリーグクラブでも有望な若手が出てきているので、育成を少しずつ修正して行くことは必須かもしれません。

中でも、今は町田選手に期待したいです。20歳という年齢で身長も高くて、ここまで守備をこなせるディフェンダーは少ないので、頑張って欲しいです。

あと、日本代表の穴である守備的ボランチの三竿健斗選手にも頑張って欲しいです。守備的ボランチで一番大切な事が、失点しない事、良いカウンターを受けない事です。危険なエリアにポジションどれる事が良い長所なので、その長所を消さないで成長して欲しいです。良い形でボールを奪うのはチャンスがある時で良いです。リスク管理ができてなくて、良い形でボールを奪っても、違うプレーで失点してしまっては意味がありません。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

日本対ポーランドの時間稼ぎについて。

本当は、ワールドカップの結果が出るまで日本戦のことをブログに載せないつもりでした。日本代表で圧力がありそうと思っていたので、サッカー協会にメスが入って欲しいという気持ちもあったので、あまり今回は書きたくなかったです。
結論から言うと、日本対ポーランドの試合で、時間稼ぎしたのは、あまり見たいものではないですが、やもえなかったかもしれないと思ってます。
でも、本当に非難されるのは、23人のメンバーの選び方や、ポーランド戦でのスタメンだと思います。右サイドハーフが本職でない酒井高徳選手を右サイドハーフで使ったこと、守備に穴のある宇佐美選手を左サイドハーフにしたこと、これが一番不味かったと思います。カウンターやカウンターのカウンターが全く決まらず、相手のカウンターを受け続ける要因の一つになりました。
メンバー選び前の選択肢としたら、中島選手を選ぶことである程度、解決できた可能性があります。

そして、ポーランド戦前なら、前の2試合とも途中交代だった香川選手をスタメンに入れて、武藤選手を右サイドハーフに持っていくこと、また宇佐美選手と酒井高徳選手のポジショニングを試合中に変えることで対応できた可能性があります。

でも、これでも苦肉の索でしかなくて、ベスト8を狙うためにベスト16を意識しすぎて、スタメンを6人交代して、リスクを取りすぎた感じがかなりあります。

サッカーでは、引き分けは良くあることなので、本当にリスクが大きすぎた感じがあります。コロンビア戦で早い時間に10対11になった事といい、かなり、ラッキーで運に助けられたと思う采配です。
それに、セネガルが勝つと踏んでたとしたら、采配ミスです。コロンビアは日本に負けてから、逆に団結力が増して、コロンビア対ポーランドのコロンビアは、かなり調子が良かったです。コロンビアが勝つことも想定できましたし、引き分けも想定できました。

今、選手がレッドカードで1人少なくなると、戦術が進化したことにより、1人少ない方はかなり不利になります。早い時間に、1人少なくなった日本戦のコロンビアは、かなり不利な状況でした。そういうことを、考慮してなかったと思います。

あと、西野監督の日本代表は、プレスの回避は上手いですが、中を固められてカウンターという形に弱いです。コロンビアもセネガルも日本相手に勝ちに来てて、そういう戦術をあまり取らなかったので助かりました。でも、ポーランドは違いました。あれほどカウンターを上手いように決められていたら、後ろで時間稼ぎするしかなかったかもしれません。
ポーランドが前からプレスをしなかったので、時間稼ぎはあの状況では悪くなかったです。セネガルも、後半の最後に足が止まるという情報もありました。なので、時間稼ぎよりも、そういう状況にした采配の方が悪いです。

でも、運が味方したといえ、ベスト16になって、選手の体力を温存できたことは良いです。イングランドもベルギーも、主力を温存できる状況だったので、ベスト8以上を狙うなら、主力の選手を温存する采配は悪くないです。

本当に危なすぎる賭けですが、なんとか決勝トーナメントに行けたことは、凄いです。

ただ、これだけ暑いなら、若手も必要だったとかなり思います。そしたら、メンバーの温存も工夫できました。

でも、ベスト16はやっぱり凄いです。あと、一勝したら歴史が変わります。なので、重要な情報はマスコミは流さないで欲しいです。勝つためには、情報戦も大切です。日本が勝った方が、長期的には売り上げも上がると思うのですが。




テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

栃木SCの試合を見に行ってきました。

栃木SC対大宮アルディージャの試合を見に行ってきました。そんなに良いサッカーしてるとは思いませんが、試合は面白かったです。
栃木SCは古い高校サッカーのロングボール戦術を使っていて良いサッカーをしてるわけではなかったですし。大宮アルディージャは、とにかく最後のシュートが甘いし、シュートをしないという感じでした。でも、なんだかんだ言って盛り上がるシーンはありました。
配られたチラシの試合分析では、栃木SCはセットプレーの得点が多いらしくて、実際にも栃木SCの選手の岡崎達哉選手のキックは良かったです。でも、良いところにボールが行くのだが、誰もそこにいないという、おかしな感じでした。

やっぱり、運ぶドリブルのカウンターは盛り上がるし面白いですね。ハーフマンツーの守備とかカウンターの守備が発展して、あまり運ぶドリブルのカウンターはできなくなっているのですが、それでも、隙をついて運ぶドリブルのカウンターができるとけっこう盛り上がります。

大宮アルディージャのマテウス選手がかなり良かったです。スピードはあるし、テクニックもあるし、ドリブルもできるので、今日のパフォーマンスはかなり良かったです。

栃木SCは、新しいことを受け入れても良いのではないかと思います。ひと昔の、ロングボールキック戦術は、密集してそこに背の高い選手をターゲットに、こぼれ球を拾うという戦術です。栃木SCもそういうサッカーでした。しかし、密集してるが、選手の距離が適切でなく、こぼれ球を拾っても、前にクリアーするしかなかったり、選手の距離が近すぎて、すぐにプレスを受けてしまうようなロングボール戦術でした。まったく、有効ではなかったです。
今のロングボール戦術は、ポジショニングを適切にして、こぼれ球を拾って展開するという戦術もあります。マンチェスターシティー対リバプールで分析した内容です。神戸もこの前やってました。ツートップが、両方、運動量が少ないのも、けっこう痛いですし。体の向きも、悪かったです。ロンドという練習の工夫とかで、体の向きを練習することはできるのですが、練習に工夫が必要かと思います。ロンドでも、守備が一人だと、組織で守る練習にならないので、せめて守備を二人以上の方が良いと思います。

でも、貴重な体験になりました。やっぱり、栃木SCのグルメのとままるバーガーは美味しかったですし、大宮アルディージャのサポーターとかもたくさんきていて、グリーンスタジアムに8000人ぐらい集まりましたし、風も心地よかったし、貴重な体験でした。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

V・ファーレン長崎対柏レイソル、田上選手が凄かったです。

後半からしか見てませんが、V・ファーレン長崎対柏レイソル、この試合のMVPは平松選手かもしれませんが、影のMVPは、確実に田上選手だと思います。
大ポケが多いところもあるので、他の試合も見ないとわからないかもしれませんが、セオリーと少し違う守備をしてますが、きっちり予測がしっかりしてるので、絶妙なポジショニングをしてました。
予測が本当に良かったです。途中に、柏レイソルの伊藤選手のポジションチェンジで、田上選手のイメージが狂ったのか、ポジショニングが若干甘くなり、大きなミスも増えました。
ですが、それでもボール予測やプレー予測が素晴らしかったです。3バックのサイドというポジションも田上選手の特性に合ってました。田上選手がもう少し若ければ、ボランチという選択肢もあるかもしれませんが、3バックのサイドが適正なポジションで間違い無いでしょう。
とにかく、隙がありそうで、隙が少ない、そんなプレーでした。
間違いなく、柏レイソルは田上選手のほうから攻めすぎるのも、敗因のひとつだと思います。
ディフェンスラインが揃ってないのに、後半攻めあぐねたのは、田上選手の危険を察知するボール予測とプレー予測でした。

しかし、柏とレイソルは、セットプレーのキーパーのミスが大きかったですね。あの角度なら、壁が4人は少し多すぎた気がします。(ここら辺は詳しくないのでわからない。)
何気に、この得点でも田上選手が関わっているのです。柏の選手がヘディングしようとしたところを絶妙なタイミングで、ブロックしてジャンプさせなかったので、平松選手がフリーでヘディングできました。
この試合は、田上選手の貢献がかなり大きかったです。ただ、調子良すぎて大きなミスをしてたので、練習をしっかりすればここら辺も少なくなる年齢だと思います。
とにかく、力を抜くところと集中する所も上手かったです。(力抜きすぎてはいけない。)

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

プロフィール

dondonyarou0top

Author:dondonyarou0top
サッカー用語というカテゴリーが、初心者から上級者まで、楽しめると思います。あと、自己肯定力の付け方とか、メンタルに関することも載ってます。フィランジマグというブログも、アメーバでやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR