fc2ブログ

考えることは大切です。


考えることは大切ですね。物事は2択のように思えても2択ではない時がかなりあります。だから、考えて2択じゃない方法を探すことも大切です。

例えば、自分のサッカーの分析などで、この分析は全部間違っているかと思うか、これはこの部分かなり使えるなと、この場面で使えるなと考えるだけで違います。

全てのブログでやれば良いと言うわけではないですが、それでかなり状況が変わります。例えば、9月18日のJリーグの青山選手のアシストのシーン。確かに、プレッシャーが弱いとみるや、左足のトラップで流して、右足でキックでスルーパスでアシストしました。意表をついたトラップで、スルーパスをする時間を作りました。

フットボールのつぶやきの自分のブログを見たかはわかりません。(分析したのは前でも書いたのは試合中なので)でも、コンパクトにトーキックのモーションからインサイドキックの蹴り方をしていました。(前にも分析した。)ほんの一部だけです。

しかし、うのみにするのではなくて、考えて応用する。もちろん、サッカーなら同じ足でトラップして、キックすることも、トラップして逆の足でキックすることもあります。それは当然です。ただ、2択ではないのです。だから、自分はポイントを入れました。それを、どう応用するかは見た人で変わると思います。

前もその傾向があったのですが、これからは考えて応用し、2択で考えないことが大切になります。
これは、サッカーだけでないと思います。自分が助かっているのも2択で考えないことがけっこうあるからです。




スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

トラップした足で、キック。


アトレティコがやってたのですが、サイドのエリアなどでトラップした足で、すぐにキックするテクニックがあります。タイミングがズレて半テンポ早くキック出来るのが特徴で、ワンツーなどに使われます。遠心力のキックを応用して(トーキックのモーションからインサイドキックなど。これ一つではないです。)コンパクトで強いキックを蹴ります。昔に、足にボールを当てて、スローインを取るキックでしたが、これで裏へのスルーパスや縦パスなどに利用してます。けっこう、応用性あって、相手は早く縦をケアするので、キックフェイントなどで、中に切り込むドリブルなどがやりやすくなります。あと横パスなど。

前に載せたダイレクトのクロスの対策も出てるので、サイドの1対2のやり方が変わったので、より中にかわすドリブルがしやすくなってます。それとか、逆足のクロスなど。

全てにやれば良いというものではないです。アクセントでリズムを変える時に使えます。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

かわすドリブル

今、抜くドリブルが、やるのかなり難しくなりました。どう考えても、ボール持ってる方よりも、ボール持っていない方が、動きやすいのでそうなります。

そこで、出てきたのが、かわすドリブルです。前にもあったのですが、かわすドリブルの存在感が高まりました。かわしてから運ぶドリブルしたり、かわしてスペースを作りクロスやパス、シュートなど。運ぶドリブルやかわすドリブルで、パスコースやスペースを作る戦術もあります。抜くんじゃなくてかわす。そういう方向性があるのですが、抜けるなら抜いた方が良いです。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ちょっと強引だけど、トリプルカウンターアタックに近い。



https://www.instagram.com/p/CMFb7h6IlmV/?igshid=kfqaxusd7ezm

ちょっと、当てはまるのは強引ですけど、シュートというマンガであったトリプルカウンターアタックに近いですね。こういいうパス数が少なくカウンターに持っていく形は、他のチームでもやっています。やるのは、難しいと思うのですが、トレーニングの発達と、遠心力のキックの発達で、できるようになっています。

他のチームは、グランダーじゃなくて浮いたミドル、ロングパスでもやったりします。キーパーを使うとは限らないです。

しかし、Jリーグでも清水がやったトリプルカウンターアタックがありましたし、マンガもバカにできないです。昔は、こんなの現実的じゃないと思ってました。でも実際にトリプルカウンターアタックに近いカウンターが出てきてビックリしています。

チェルシーとかもやっています。あと、少しだけ言えば、今、遠心力のキックが出てきてから、遠心力のキックの特徴により戦術が変わってきています。攻撃だけでなく、守備でもその傾向があります。

ちょっと、ネットで書かれているバケツの遠心力じゃ上手くいかないことは念頭に置いといてください。

ちょっと、これはチェルシーにリヴァプールがやられたシーンですが、動画では2分26秒からのシーンですが、これも手数が少ないカウンターからの得点です。3人しかボールを触っていないカウンターです。


https://youtu.be/T74qlixgais

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

キーパーの手の位置の訂正。


本当は、キーパーの手の位置の記事を載せた後、わかってたことなのですが、親には言ってあるものの、やはりしっかり伝えとこうかと思います。(一部の人にもほんの少しだけ言いました。)少し、競争が激しくなってきているので、載せるのをためらいました。ただ、今はこのキーパーの手の位置に対応して、違うスペースを狙うキックもあります。

キーパーの手の位置は、離れている場合だと、横っ飛び出来る様に、肘を曲げて、肩を伸展させるのが良さそうです。要するに、振りかぶって飛び込めるようにします。シュートがくるとわかっている時に準備して良いです。これだと低いシュートはどうするのかと思いますよね。
なぜこれで、平気かというと、低いキーパーから遠いシュートは、キーパーが倒れないといけません。(倒れるというよりも横っ飛びに近い。)低い位置なのですが、この手の位置が、キーパーの体の位置の上に当たります。なので、手を上にやっても、倒れるのだから、低い位置に手が来ます。今年のJリーガーのキーパーもやってます。チェルシーの身長高いキーパーもこの動きです。身長とリーチがあるから、両手でも物凄いセービングができます。リーチが無かったら、片手でのセービングも必要です。

また、横っ飛びの準備で、(手を上にしようとする動作)で、体の近くにきたら、体で止めたり、低い位置なら足で止める動作、横に動いて両手や足や体で止める動作が必要です。

あと、ノイアーがやっているのですが、1対1で相手が来たら、蹴り足によって体を捻ったり、手の位置を工夫したり、足を使ったりして飛び込むこともやってます。体を捻ることが大切で、蹴り脚によって、どのコースに来やすいのかで、足の位置手の位置を工夫します。もちろん、体のサイズが無ければできません。あと、直前まで我慢して、狙いを絞らせないようにします。

もちろん、今はこの対策が出ているので、対策を取られていたら工夫が必要です。

※訂正です。肘は曲げなくても良いかもしれません。ジャンプしやすいように前腕を上手く工夫するセービングもあります。2021年1月19日

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

プロフィール

dondonyarou0top

Author:dondonyarou0top
サッカー用語というカテゴリーが、初心者から上級者まで、楽しめると思います。あと、自己肯定力の付け方とか、メンタルに関することも載ってます。フィランジマグというブログも、アメーバでやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR